キャサリン妃が第3子男児を出産、母子ともに健康!

4月23日(月)21時49分 シネマカフェ

ウィリアム王子&キャサリン妃(C)Getty Images

写真を拡大

23日午前11時1分(現地時間)、キャサリン妃が第3子となる男の子を出産したことが明らかになった。ケンジントン宮殿がツイッターで発表した。母子ともに健康であり、出産にはウィリアム王子が立ち会ったという。

ケンジントン宮殿は、出産のニュースをツイートする5時間ほど前に、「キャサリン妃の陣痛が始まり、セント・メアリー病院に入院しました」とツイート。その後、メディアが病院の周りに続々と集まってきている様子を写真付きでツイートしていた。


キャサリン妃が無事に出産したことはエリザベス女王、フィリップ殿下、チャールズ皇太子、カミラ夫人、ヘンリー王子らにも伝えられ、みな喜んでいるそうだ。


ウィリアム王子は赤ちゃんの誕生後まもなくケンジントン宮殿へと向かい、お留守番していたジョージ王子とシャーロット王女を連れて再び病院へ。ジョージ王子はトレードマークの半ズボンで“正装”、シャーロット王女はかわいらしい水色のワンピースに紺のカーディガンでおめかししていた。残念ながら生まれたての弟と対面したときの2人の様子は伝えられていない。


キャサリン妃はすでに退院しており、ウィリアム王子とともに「ケアしてくださった病院のすべてのスタッフの方、温かい祝福コメントをくださったみなさんに感謝しています」とツイッターを通して感謝のメッセージを送った。

シネマカフェ

「キャサリン妃」をもっと詳しく

「キャサリン妃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ