人気の「ポメラニアン」が受難 「風評被害が酷い」

4月23日(月)12時59分 J-CASTニュース

ポメラニアン(画像はイメージ)

写真を拡大

人気の高い小型犬「ポメラニアン」が、多事多難だ。

ポメラニアンに関する不祥事が立て続けに発生し、愛犬家からは悲痛の声が漏れている。



「ポメラニアンのコロちゃん」「デビルポメラニアン」


愛くるしい見た目や好感度の高さから、企業の広告やイラスト等に引っ張りだこの犬種「ポメラニアン」。人気を牽引したポメラニアン「俊介くん」が2017年10月に死去した際は、惜しむ声が数多く寄せられた。



美名は磐石かに見えたが、ここ最近、不名誉なニュースが続いている。



イラストレーターの「タキオちゃん」が運営している人気ツイッターアカウント「ポメラニアンのコロちゃん」が18年4月20日、在日外国人などへのヘイトスピーチにあたるイラストを公開し、謝罪に追い込まれた。



ハングル文字で「生活保護で働かずしてA5ランクのステーキを堪能する被保護ポメラニアン」と綴ったイラストを投稿し、いわゆる炎上騒ぎとなっていた。



4月22日には、お笑いコンビ「デビルポメラニアン」の末次翔一容疑者が、東京都内の地下鉄で女性のスカート内を盗撮した疑いで現行犯逮捕された。各メディアが報じた。



愛犬家「悪いやつに使われて迷惑してるんだよ...。」


一連の「ポメラニアン」騒動に、ツイッター上では、


「先週といい、ポメラニアンへの風評被害が酷い」

「最近ポメラニアンのイメージダウンが激しい」

といった嘆きが少なくない。ポメラニアンをツイッターのアイコンにした愛犬家からは、


「何で連日ポメラニアンなんだよ...。ポメラニアンは良いわんこなんだぞ。悪いやつに使われて迷惑してるんだよ...。」

といった怒りも表明されている。

J-CASTニュース

「ポメラニアン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ポメラニアン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ