エリーローズ&“オシャレ神様”の母に反響

4月23日(火)3時42分 ナリナリドットコム

モデルのエリーローズと、その母でファッションディレクターのマキシーン・ヴァンクリフ・荒川の親子が、4月22日に放送されたバラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演。「めっちゃカッコイイ」と話題を呼んでいる。

マキシーン・ヴァンクリフ・荒川は、世界的デザイナー・森英恵さんの右腕として、およそ30年間活躍してきた“オシャレ神様”とも言えるファッションディレクター。これまでの実績や活躍もさることながら、実は70歳になった今でもウェブマガジンの編集長を務めるなど現役バリバリだ。娘のエリーローズもモデルとして活躍中。オシャレの英才教育を受けたエリーローズは、人と被らない唯一無二のファッションをして欲しいという母の想いを受け継いでいる。

そんなオシャレなファミリーだが、写真家として活動する父・荒川弘之がカメラマン、エリーローズがモデル、マキシーン・ヴァンクリフ・荒川がすべてを仕切るファッションディレクターという役割で、オンライン雑誌「マキシーンデジタルマガジン」を作るまでになったそうだ。

番組放送中から、Twitterなどネットでは反響が続々。「エリーローズもママもめっちゃかっこいい〜」「エリーローズのお母さんかっこいいな」「エリーローズの母ちゃんセンス大好きすぎる!!!」「私もマキシーンさんみたいになりたい」「深イイ話に出てるマキシーンさん、めっちゃオシャレだし、かっこいい。ああいう歳の取り方したい」など、賞賛の声が上がっているようだ。

ナリナリドットコム

「オシャレ」をもっと詳しく

「オシャレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ