スタジオジブリ『アーヤと魔女』新型コロナで公開延期

4月23日(金)17時9分 オリコン

『アーヤと魔女』公開延期が決定(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

写真を拡大

 29日の公開を予定していたスタジオジブリのアニメーション映画『アーヤと魔女』が、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み公開延期となることが23日、発表された。

 今後の公開予定は、配給の東宝ホームページに掲載するとしている。

 同作は宮崎吾朗監督の最新作でスタジオジブリ初の全編3DCGで制作。自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語が描かれる。2020年の『カンヌ国際映画祭』でオフィシャルセレクションに選出され、北米、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアなどでも劇場公開が決定していた。

オリコン

「スタジオジブリ」をもっと詳しく

「スタジオジブリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ