米倉涼子やジョニー・デップ 結婚直後に危機迎える夫婦の特徴

4月23日(木)16時0分 NEWSポストセブン

米倉涼子に見る結婚直後に危機を迎える夫婦とは

写真を拡大

 2月にゴールインしたばかりのジョニー・デップ(51才)とアンバー・ハード(29才)が離婚秒読みと報じられた。


「結婚するときに、ジョニーはアンバーにお酒の量を減らすと約束したんですが、新作映画で長期滞在中のロケ先で毎晩パーティーを開いては泥酔状態。毎日、アンバーへの連絡を欠かさないという約束も破ったそうです。電話にも出ない、メールにも返信しない彼にブチ切れた彼女は、もう弁護士に相談して離婚の準備を始めているというのです」(米国在住ジャーナリスト)


 ジョニーにはパートナーであったヴァネッサ・パラディ(42才)との間に2人の子供(長女・15才、長男・13才)もいたが、14年にもわたる事実婚を解消。その後アンバーとの交際をスタートさせた。


「交際は3年以上で、昨年婚約を発表してからは一緒に暮らしてもいましたから、互いの性格や価値観など、充分理解しあっての結婚だったはずなんですけどね…」(前出・ジャーナリスト)


 なにやら、今離婚騒動の渦中にある米倉涼子(39才)と同じパターンのようにも思える。米倉もアンバーも、スピード結婚やできちゃった結婚ではなく、時間をかけて相手を吟味した上での結婚。しかし、わずか結婚生活2か月で危機を迎えているのだ。夫婦問題研究家の岡野あつこさんはこう見る。


「最近の女性は、男性と同じくらい一生懸命仕事しながら恋愛を頑張ってきたからこそ、結婚に対する憧れが強く、結婚後はふたりの関係を重要視しようとするんです。でも男性のほうは恋愛中にふたりの時間を割いてきたから、結婚したからこそ仕事など違う方向を見ちゃうんですよね。女性は結婚前まではあんなに自分のことを大切に思っていてくれたし、時間を割いてくれていただけに、“何これ?”って思ってしまう」


 さらに結婚2か月といえば、相手のために少し我慢してきたことがだんだん我慢できなくなる時期。例えば金銭感覚のズレ。結婚すると家計が一緒になるので、それまではわからなかった相手のお金の使い方がだんだん気になるようになる。


 そんな時にじっくり話し合う時間や一緒に過ごす時間がないことで、女性の不満が爆発するケースが多いという。


「女性は、お金だけでは幸せになれないってちゃんとわかっていますからね。だから結婚に幸せを求め、憧れるんですが、それが“違ったな”って思ったら早い。特に仕事をしていて経済的に余裕がある女性は、一度決心したら離婚まではあっという間なんですよ」(前出・岡野さん)


※女性セブン2015年5月7日号

NEWSポストセブン

「ジョニー・デップ」をもっと詳しく

「ジョニー・デップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ