どうするフジテレビ? カトパンロスは想像以上

4月23日(土)7時0分 NEWSポストセブン

早くも始まったカトパンロス?

写真を拡大

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、早くも表面化し始めた“カトパンロス”を分析する。


 * * *

『めざましテレビ』(フジテレビ系)から、カトパンこと加藤綾子アナが去ってから3週間。同番組の視聴率が目に見えて低下していることは以前も書いた。


 平成二十八年熊本地震が発生してからは、それがさらに顕著になっており、たとえば15日(金)は、『めざまし〜・第2部』(6時10分〜)が8.8%なのに対し、長年、「追いつけ、追い越せ」と頑張って来た『ZIP!』(日本テレビ系)は10.2%と圧勝。


 翌週になって、18日(月)は、『めざまし〜』9.2%、『ZIP!』10.0%で、それ以外の番組に目をやると、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)7時台が8.2%と、前四週平均から0.4ポイント増した。


 20日(水)には、その『グッド!モーニング』が9.0%を弾き出し、『めざまし〜』の8.0%に歴史的勝利。同6時台も7.9%なので、毎分と呼ばれる1分毎の視聴率グラフでは、ずっと『めざまし〜』超えしていたと思われる。ちなみに『ZIP!』は9.6%だった。


 視聴率表示には、からくりがあって、『めざまし〜』は1部、2部と切って視聴率を出し、『グッド!〜』は5時台、6時台、7時台と切って出している。理由は少しでも高い数字を表示したいから。それを割らずに130分トータルの平均視聴率で表示している『ZIP!』は、視聴率三冠の日本テレビだけあって“横綱相撲”というところだろうか。


 とにかく『グッド!モーニング』が視聴率を上昇させているのは明らかである。


 思えば、東日本大震災直後、前身の『やじうまワイド』のタイトルが「不謹慎」と指摘を受けたことを機に、長年、同局の早朝番組タイトルに付いていた“やじうま”というワードが外された。


 被災地で、「『やじうまワイド』ですが…」と番組名を告げて取材をしていた記者やアナウンサーからも「やりづらい」と申し出があったと聞く。


 以来、細かいリニューアルやコメンテーターの入れ替えを行ってきた『グッド!モーニング』。


 若者に人気の『めざましテレビ』、そして『ZIP!』の成功を意識して、たとえばネットニュースをランキング形式で取り入れたり、『Oggi』(小学館)とコラボし、女子アナの衣裳を同誌スタイリスト監修によるコーディネートとして紹介したりした。


 コメンテーターにあの林修先生を招いたり、いまは番組ラストに池上彰氏の解説コーナーを据えたりしている。


 アナウンサー陣は、『やじうま〜』時代から出ている松尾由美子アナやベテランの坪井直樹アナ、安定感があり女性人気も高い角澤照治アナ、若手ホープの加藤泰平アナらに加え、セント・フォース所属の新井恵理那もいる。『めざまし〜』のセント・フォース軍団は、他局出演に縛りがあるようだが、新井は比較的自由に他局ゴールデンのバラエティーにも出演。『炎の体育会TV』(TBS系)では弓道部メンバーとして大活躍。『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の“美人女子アナ軍団”にも出演し、新たなファンを獲得し、さらに人気を上昇させている。


 そして、なんといっても15年入社の田中萌アナだ。社内外ではもちろん、系列局の男子アナまでもが「田中萌ちゃんのファン」と大騒ぎ。同年の入社式ではゲストに来ていた爆笑問題の太田光から「タイムリー」(相方・田中裕二が山口もえと結婚したから)と騒がれ、一気に知名度を増した。


 顔の好みは人それぞれだろうが、田中萌アナは誰が見ても「かわいい」と思えるタイプ。かといって、チャラチャラしたようなところは全くなく、アナウンスもしっかりしているので、同番組のもともとの“お客さん”であるF3層、M3層にも人気が高いと聞く。


 つまり、テレ朝らしさもちゃんと残しながら、若い層を積極的に取り入れることを意識し、現在の構成になった『グッド!モーニング』。そのなかで、“スター女子アナ”になること間違いナシの田中萌アナの存在は、かなりのボリュームを占めているハズだ。


 熊本地震から一週間。そんな朝の帯番組がどのような対応をしてきたかというと、もっとも通常運転に近いのが『ZIP!』、続いて『グッド!モーニング』だった。それは、もともと、ニュースコーナーと芸能やトレンド情報コーナーをしっかり分けてきたから。共に、コーナーをほとんど変えずにやり、視聴者にも戸惑いが少なかったように思う。


 では、加藤綾子アナが抜けた『めざまし〜』がどうだったかというと、まずはやはり、画面の中にカトパンが居ないことに大きな喪失感を覚えてしまう。本当に“ポッカリ穴が空いた”とは、こういうことを言うのではないかと思えるほどだ。


 もともと、エンタメやライトなトレンド情報、街頭インタビューなどが圧倒的に多いことで若い層に受けていた『めざまし〜』だが、それらも担当するリポーター(アナウンサーもコーナーや社歴によっては、そう呼ばれることがある)やアナウンサーらが熊本地震関連のニュースを扱うことに、どうにもこうにも違和感がある。


“報道の顔”をしているレギュラーアナウンサーが一人も居らず、メインの三宅正治アナは現地に行ったものの、戻りは早かった。


 恐らくフジテレビは、永島優美アナには加藤綾子アナよりも“ニュースの顔”になってもらおうと考えていたハズ。永島アナのキャラクターにはそちらのほうが合っており、今年になってから度々、現場に出ていた永島アナはとても良かったのだ。が、「まだ熊本に行かせるのは早い」という判断になってしまったのだろうか。


 ということで、硬軟“どっちつかず”な印象になってしまった『めざましテレビ』…。


 視聴率が下げ止まらないフジテレビにあって、『めざましテレビ』『とくダネ!』『ノンストップ!』など、午前中の生ワイドはどれも好調で、プロデューサー会議などの場でも、「いまのフジテレビの原動力」と評価されていた。


 その『めざまし〜』の視聴率低下。フジテレビにとって、また良くない風向きになってしまった。


 大塚範一さんが番組を休養することになった後、大塚さんを気遣って代わりの大物を置かなかったことも、いまになって影響しているように思う。大塚さんが居たからこそ、軽部真一アナは活きたし、女子アナ陣もキラキラと振る舞えたハズ。


 それでもオールマイティーなカトパン在りし頃は、そのキラキラ感を彼女が一手に担い、しかも“スーパー綾子”は、硬軟どちらのネタにも対応できていたのだけれど…。


 この4月に、テレ朝にチャンネルを変えた視聴者が多数いることは間違いなく、その視聴習慣は日を追う毎に定着。それをまた戻すのは至難の業だ。


 どうする『めざましテレビ』と“めざましファミリー”。大胆な改革が急務であるように思う。(視聴率はすべて、ビデオリサーチ調べ・関東地区)

NEWSポストセブン

カトパンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ