風見しんご娘の事故現場で「歩車分離式信号」導入へ

4月23日(土)16時0分 NEWSポストセブン

娘の事故死で信号システムが見直されたという風見しんご

写真を拡大

 風見しんご(53才)の娘・えみるさん(享年10)が亡くなったのは2007年・9年前のことだ。自宅からわずか3分ほどのところで交通事故にあい、帰らぬ人となった。今年のえみるさんの命日から数日後、警察官が風見の家を訪れた。


「えみるの事故現場の横断歩道のシステムが変更されることが決まったというお知らせでした。歩車分離式信号といって、歩行者が青信号で渡っている間は、直進車はもちろん、右折車も左折車も侵入してこなくなるのです」


 えみるさんの事故は、社会問題となっている。


 人も車も青信号で交差させる交差点では歩行者を巻き込む右左折事故が当たり前のように発生するためだ。今後、この歩車分離式信号がスタンダードになっていくことを願わずにはいられない。


「人生捨てたもんじゃないなと思いました。今はゆっくりと次の一歩、また一歩と毎日進んでいます。大切な家族を事故で失ってしまったり、理不尽なことで突然奪われてしまった心の傷というのは癒されない。そこには、納得しきれないような思いがずっと残る。でも笑える日も必ずやってきます。穴はずっと空いたままなんです。そのまま前に進むしかないんです」


 そうして風見は、今日も、えみるさんに語りかける。


※女性セブン2016年5月5日号

NEWSポストセブン

風見しんごをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ