『フルハウス』続編制作決定。“ミシェル”演じたオルセン姉妹は、「正直、ショックよ」。

4月23日(木)12時25分 Techinsight

『フルハウス』続編始動に、姉妹ビックリ

写真を拡大


このたび米人気ドラマ『フルハウス』が、続編として『フラーハウス(Fuller House)』なるタイトルで戻ってくることが決定。世界中のファンが歓喜する中、『フルハウス』で“末っ子ミシェル”を演じたオルセン姉妹は「全然知らなかった」と驚いている。

このほどアシュレー&メアリー=ケイト・オルセンが『Women's Wear Daily』のインタビューに応じ、『フルハウス』続編の制作決定に触れこう語った。

「実は私達、その件を今日知ったの。」
「クリエイターに話をして、何が起きているのか確認するつもりよ。」

ちなみに姉妹は、“ジェシーおじさん”ことジョン・ステイモスがTV番組で制作決定を明かしたことで、このニュースを知ったそうだ。パパを演じたボブ・サゲットにアシュレーが会った際も、何も聞かされなかったという。

「先日、ボブに出会ったの。でもこの件については、まったく話さなかったわ。」
「ジョンから何も聞かされていなかった。それがショックよ。」

また現時点で続編出演については未定らしく、「ボブに電話をかけて、考えを聞いてみるつもり」とのことだ。

ファンの期待は高まるばかりだが、制作側は人気キャストの確保の時点で苦労しそうだ。現時点では、キャストの半数としか契約が成立していないという。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

フルハウスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ