Dragon Ash・イクゾーン(馬場育三)さんの命日に金子賢輔、「貴方がいなくなって今日で3年…」

4月23日(木)21時55分 Techinsight

イクゾーンとKenKen(画像は『金子賢輔 Instagram』より)

写真を拡大


ロックバンド・Dragon Ashのベーシストだった“イクゾーン”こと馬場育三さん。彼があの世に旅立って、今年の4月21日で3年が経った。現在、Dragon Ashのサポートメンバーとしてベースを担当するKenKenが、思い出の1枚をInstagramに投稿して「貴方がいなくなって今日で3年…」と言葉を送っている。

馬場育三さんは2012年4月21日に急性心不全のため46歳の若さで他界した。RIZEでベースを担当する“KenKen”こと金子賢輔は、馬場さんが左腕神経麻痺で療養に入ったことで2011年6月以降Dragon Ashのサポートメンバーとしてベースを務めている。

そのKenKenが2015年4月21日、『金子賢輔 kenken_rize Instagram』にてライトセーバーを持つ馬場さんの姿とともに「貴方がいなくなって今日で3年。貴方が創り上げてきたものは、俺が止めない」との言葉を送った。

シンプルだが馬場さんへの敬意が込められた言葉に、ファンから「KenKenありがとう」、「ありがとう。貴方が馬場さんのそばに居てくれて良かった」、「2人とも憧れのベーシストです。大好きです」などのコメントが寄せられている。

2010年7月に開催された野外ロック・フェスティバル『京都大作戦2010〜今年も子供に戻りな祭〜』の2日目、11日のステージにDragon Ashが出演した時、まだ元気だったイクゾーンさんがライトセーバーを披露した。そのライトセーバーを手がけたマット・ソーンさんがYouTubeで動画を公開しており、当時の華麗なアクションが見られる。



※画像は『金子賢輔 kenken_rize Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

馬場育三をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ