プリンスを最期まで苦しめた股関節痛 「エホバの証人」ゆえ手術に踏み切れず!?

4月23日(土)14時0分 Techinsight

米人気歌手プリンス、最期は股関節痛と闘っていた(出典:www.mirror.co.uk)

写真を拡大


ご存知のとおり、米人気歌手プリンスが57歳の若さで急逝した。インフルエンザを患っていたとの情報に続き、薬物の過剰摂取、てんかんの病歴などが伝えられているが、どうやら股関節にも大きな不調を抱えていたもよう。またその手術を受けなかった理由が波紋を広げている。

2009年、てんかんの病歴があることを告白していた歌手のプリンス。身長158cmの華奢すぎる体型と、神経質で薬物に依存してしまう性格。彼に健康的な印象を見出すことは難しかった。そんな中で英メディア『mirror.co.uk』は今、数枚の写真とともに最近のプリンスを最も悩ませていた深刻な悩みについて伝えている。

近年、股関節に強い痛みが伴うことから杖を使用しながら歩行していたというプリンス。紹介された写真では、杖が手放せず足腰が以前にも増して華奢になっている彼の様子が捉えられている。プリンスに詳しい関係筋は『ナショナル・エンクワイアラー』誌に、彼がここ数年にわたり歩行が困難で苦しんでいたことを漏らしており、医師からは「人工股関節置換術」が必要であることを告げられていたもよう。トラブルが股関節に現れた原因は長年高いヒールのブーツを愛用してきたことにあるのではないかという。

ところが関節の置換術というのは血管ばかりか骨髄(骨の芯)からの出血もあり、血が止まるまでに時間がかかるため輸血が必要となることが少なくない。手術前に自己血を少しずつ採って貯血しておくケースがほとんどだが、プリンスはそれに耐えるほど健康であっただろうか。そうした場合は献血された血液が使用されることになるが、プリンスはなんと「エホバの証人」の信者であるとのこと。輸血が必要な状況に陥っても彼はそれを断らざるを得ないため、彼が手術を躊躇い、しかし薬で痛みを和らげていたことは想像に難くない。

プリンスは亡くなる数時間前、メディア・カメラマンに最期となる写真を撮られている。皮肉なことにそれは薬局の外に出て来た姿であった。豊か過ぎる才能と病弱な体、しかし期待されるのはビッグなステージであり、あらゆる苦悩、体の痛み、プレッシャーなどから解放されるため、つい鎮痛剤系処方薬への依存を深めていった可能性は高い。マイケル・ジャクソンとプリンス…不幸の形が重なってみえてしまうのは筆者だけであろうか。

出典:www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

Techinsight

「プリンス」のニュース

BIGLOBE
トップへ