映画『シンデレラ』にアントニー!? “大佐”役に似ていて「ジワリました」

4月23日(日)18時35分 Techinsight

「僕が出てる映画、観て頂きありがとうございました」とアントニー

写真を拡大

『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で2015年に劇場公開された実写映画『シンデレラ』が放送された後、お笑いコンビ・マテンロウアントニーがツイッターで「昨日は僕が出てる映画シンデレラ観て頂きありがとうございました」とつぶやいている。彼が投稿した画像には「やっぱりそうでしたか! 似てる人がいるなって思いました笑」「え! うそですよね、信じていいのですか? ここまじなとこ」など様々な反響があった。

童話『シンデレラ』をもとにしたディズニーの名作アニメーションをさらに実写化した本作は、シンデレラ役をリリー・ジェームズ(日本語吹替・高畑充希)、キット王子役をリチャード・マッデン(同・城田優)が務めた。王子の護衛隊長で一番の理解者でもある大佐役はノンソー・アノジーが演じ、吹替えは乃村健次が担当している。

『アントニー (マテンロウ)(hsa199029)ツイッター』にて「小さいときから知ってる物語に出させて頂いてとても光栄です!」と投稿されたのは、その“大佐”が制服に身を包んだ姿である。その激似ぶりに「あっあなただったのw」「嘘でしょ? なわけ…」と反応があり「やっぱり! 一緒に見てた彼女とずっと言ってましたw」「笑い死ぬかと思った(笑)出てきた瞬間アントニーだって(笑)」「ちょっと似てるからジワリました爆笑」と皆楽しめたようだ。

ちなみにノンソー・アノジーはイギリスの俳優で『つぐない』(2007年)や『ロックンローラ』(2008年)、『コナン・ザ・バーバリアン』(2011年)といった映画作品からテレビドラマ『暴走地区-ZOO-』シリーズなどで活躍している。今回の大佐役はストーリーがハッピーエンドに向かう大逆転のきっかけを作る重要な役どころで、もし本当にアントニーだったらこれくらいの騒ぎでは収まらなかっただろう。

出典:https://twitter.com/hsa199029

Techinsight

「シンデレラ」をもっと詳しく

「シンデレラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ