『劇場版 FF14 光のお父さん』の本予告編映像が解禁。主題歌はGLAY書き下ろしの新曲「COLORS」に決定

4月24日(水)8時4分 電ファミニコゲーマー

 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』の本予告編が公開された。さらに主題歌には日本を代表するロックバンド・GLAYによる書き下ろし楽曲「COLORS」が使用されることが判明。予告編ではその楽曲が初お披露目されている。

 本作は、累計アクセス数1000万を超えるマイディー氏のブログ「一撃確殺SS日記」を原作とした『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の映画化作品。

 マイディー氏はある日、すれ違いを続けてきたお父さんにオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』をプレイさせることを思いつき、自分が息子であることを隠して、お父さんと共に冒険をはじめる。そしてレポートを自分のブログを掲載していくと、たちまち人気を集める連載となった。連載最終回が Yahoo!ニュースで取り上げられ、その後、『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』として書籍化が実現、さらに地上波では全7話によるTVドラマ化が実現した。

 そのTVドラマ化の際、幼少はMSXやPC98でゲームをしていたというガチゲーマーであり、大の『FF14』ファンでもあるGLAYのTERUさんが「the other end of the globe」を主題歌として提供している。それに引き続き、今回の映画オリジナル楽曲「COLORS」はさらに想いが詰まった楽曲となっている。またGLAYの主題歌とは別に、劇中挿入歌には自 身で作詞作曲編曲までこなす3Vo1DJのグループ、THE BEAT GARDENが担当。GLAYの楽曲と共にこちらも要チェックだろう。

 今回の映画化では、息子・岩本アキオ役を坂口健太郎さん、父・岩本暁役を吉田鋼太郎さんが演じている。さらにアキオの会社の同僚役・佐久間由衣さん、アキオの妹役・山本舞香さん、アキオの会社の先輩役・佐藤隆太さん、アキオの母親役・財前直見さんが出演。また声の出演は南條愛乃さん、寿美菜子さん、悠木碧さんとTVテレビ版と同じキャストが起用されている。

 映画の感動をさらに盛り上げてくれること間違いなしの楽曲は、ますます映画公開が楽しみだ。映画は6月21日(金)に、ギャガ配給で全国ロードショーされる予定だ。

GLAY TERUさんからのコメント
劇場版・光のお父さんの主題歌のお話を頂いたのは結構前なのですが、お話をいただいてからというもの、光 の戦士として FF14 の世界をあらゆる角度から見てきました。長くプレイしなければ感じられない機微を音楽 で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です。なので、今回のお話がなけれ ば、この曲は生まれていません。親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める 寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に 寄り添ってみてください。

THE BEAT GARDENさんからのコメント
映画「光のお父さん」の“挿入歌”というお話を頂いて、スクリーンの中でどのシーンで流れてもストーリーと共 に歩んでいける歌を作れたらと思い、曲を描いていきました。ゲームの中や現実で、見える敵と見えない敵 に敗れても敗れても立ち向かっていく登場人物達は本当に「負け」なのか。自分にも問いかけながら綴った 言葉や歌がどんな答えを映画の中で教えてくれるのかを楽しみにしています。初めての映画挿入歌。こん な素敵な作品の一員にさせて下さり、本当にありがとうございます。

(c)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(c)マイディー/スクウェア・エニックス

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

電ファミニコゲーマー

「主題歌」をもっと詳しく

「主題歌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ