ジャスティン・ビーバー靖国参拝、謝罪文に韓国激おこ 「中・日愛してるって、韓国は?」

4月24日(木)17時16分 J-CASTニュース

批判されてしまった参拝写真(ジャスティン・ビーバーさんのInstagramより)

写真を拡大

   靖国神社(東京・千代田区)を参拝した写真を画像共有サイト「Instagram」で公開して、中国などのファンから批判を浴びてしまったカナダの人気歌手、ジャスティン・ビーバーさん(20)。謝罪しても騒ぎはおさまらず、さらに新たな怒りの火種も生まれてしまっている。



   謝罪文に「僕は中国も日本も愛しています」と書かれていたのだが、今度はこれを見た韓国人が「おいおい韓国は?」と怒っているのだ。


韓国メディア「ジャスティン・ビーバーがおかしな謝罪」


   ジャスティンさんは2014年4月23日、「Thank you for your blessing.(祝福をありがとう)」というコメントとともに靖国神社の拝殿を訪れたとみられる写真を公開したが、謝罪を求めるものや誹謗中傷が英語や中国語でコメント欄に書き込まれ、まもなく削除した。その後、


「日本滞在中、私はドライバーにお願いして美しい神社で車を止めてもらいました。私はこの神社はただ単に祈りの場所なのだと誤解していました。気分を害された方には非常に申し訳なく思います。私は中国も日本も愛しています」

との謝罪文を投稿していた。


   この騒ぎについて、韓国のメディア「TVレポート」が4月23日夜、「ジャスティン・ビーバー、神社参拝でおかしな謝罪『中・日愛している』韓国は?」という見出しで報じた。「韓国に対する謝罪が抜けていて、韓国ネットユーザーたちの怒りを買っている」というのだ。


ハングルのタトゥー写真に韓国人が喜んだばかり

   もっとも、この記事に対し、「あんな奴に愛されたくないわ!」「こいつなんかに韓国に言及してほしくない」「薬物中毒ビーバー(編注:ジャスティンさんはゴシップサイトなどで薬物依存状態と報じられている)の愛してるリストから韓国が抜け落ちたからって何だってんだ!」といった声も上がっている。


   ちなみにジャスティンさんは14年3月25日、Instagramで「I love you Korea」というコメントとともに、腕に入れたハングルのタトゥーの写真を公開していて、韓国のネットユーザーが「ビーバー最高!」「好感持てる」などと喜んだばかりだった。

J-CASTニュース

「韓国」のニュース

BIGLOBE
トップへ