「そこらへんのグラドルよりキレイ♪」 ニューハーフ美女・たけうち亜美、初水着DVD発売で“オネエ界“にも本格参戦か!?

4月24日(金)10時0分 メンズサイゾー

 本日24日、グラビアアイドル・たけうち亜美(27)が、ファーストDVD『Deep Love』(グラッソ)をリリースした。発売前からネットニュースなどで報じられるなど、注目を集めた同作。グラドルのDVDと聞くと世の中にはあふれかえっているが、もちろんそれだけ話題になるのにはワケがある。パッケージを見るかぎり"正統派美女"という言葉の似合うたけうちだが、実は元男性。この美しすぎるニューハーフの水着DVDは、アイドル業界初といわれており、それゆえ大きな注目を浴びているのだ。


 19歳で性転換手術を行い、翌年に開催された世界一のニューハーフを決める「ミスインターナショナルクイーン2010」で準ミスグランプリとミスフォトジェニック賞の2冠に輝いたたけうち。かつて同ミスコンには、ニューハーフタレントのはるな愛(42)も挑戦しており、見事にグランプリを勝ち取ったこともある。そのはるなに憧れてかどうかはわからないが、"マルチタレント"を目指していると話すたけうちにとって、ミスコンでの受賞歴は自分を売り込むためにも大きな武器となることだろう。


 今回発売されたDVDでも、世界を魅了した美貌をいかんなく発揮。眼帯ビキニや赤のガーターベルト、極小の三角ビキニなどを身につけ、身長173cm、スリーサイズは上からB86・W68・H95という抜群のスタイルを惜しげもなく披露している。発売前にネット上で公開された先行カットには、「エロすぎる!」「そこらへんのグラドルよりキレイ」などといった声が寄せられており、一部メディアは早くも"元男の美女"としてブレイク間違いなしと報道するほど。ファーストDVDのリリースをきっかけに人気はさらに高まりそうだ。


 とはいえ、アイドルグループ・カマちゃん倶楽部のメンバーでもあるたけうちは、イベントなどの営業が主な活動内容で、お世辞にも売れっ子とは言えないのが現状。地道な仕事を通して精力的にファン層の拡大に努めているが、テレビなどのメジャーシーンでは、ほとんど見かけることはない。2013年には深夜の人気バラエティ『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に登場しているが、それも「AKB48のメンバーにそっくりなオネエを探す」というコーナーで、たけうちは「名古屋のニューハーフクラブに勤める指原莉乃」として紹介されただけだった。


 それでも、番組に顔を出したたけうちはネット上で注目を集め、「可愛すぎるニューハーフ」としてニュースサイトなどでも報じられた。ただ、2006年に芸能界デビューしている彼女は、すでにタレントとして活動をしていたハズだが、"いち素人"として登場したことが災いしたのか、知名度アップのチャンスをうまく活かすことはできず。その後もなかなかきっかけをつかめないでいる。本人としても今回のDVDを機に、タレントとして大きく飛躍したいと願っていることだろう。


「グラドルより可愛いと評判のたけうちさんですが、芸能界でのジャンルでいえば、やはり"オネエ系"となります。そもそもニューハーフとゲイというのはまったく違うものですが、バラエティでの立ち位置となればひとくくりにされてしまう。しかし、それがかえってチャンスになるかもしれませんね。いまのオネエタレントには、見た目も発言も刺激的な人が多いですから、キレイどころのキャラは貴重な存在といえそうです。もちろん、これまでにも女性よりも女性らしいタイプはいましたが、インパクト抜群のオネエたちの前では存在感を発揮できませんでした。オネエタレントとの共演の際に結果を残すことができれば、新しい価値を見出せそうです。


 ジャンルは少し違うかもしれませんが、昨年12月には正真正銘の男性が大手アダルトメーカーとAV女優として専属契約を結ぶという業界初の出来事がありました。その大島薫さんは早くも一部のファンから熱狂的な支持を受けており、新ジャンルの開拓者として活躍しています。かなり特殊な例ではありますが、どんな世界であれポジションを確立することができれば、自ずと人気は上がるもの。たけうちさんも独自のキャラを打ち出すことができれば、一躍ブレイクすることになるかもしれませんね」(芸能ライター)


 オネエタレントといっても、その中にはさまざまなタイプがいる。美しすぎるニューハーフと呼ばれるたけうちには、オネエたちをも驚かせるような個性が求められているのかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「オネエ」のニュース

BIGLOBE
トップへ