高嶋ちさ子、“仕事セーブ宣言”の背景…子育てで「唯一の敗北」

4月24日(水)10時0分 マイナビニュース

バイオリニストの高嶋ちさ子が、きょう24日に放送される日本テレビ系バラエティ特番『1周回って知らない話 2時間SP』(19:00〜20:54)で、“仕事セーブ宣言”の背景を語る。

番組では高嶋をよく知るママ友10人に緊急アンケート。「この人は絶対に敵に回しちゃいけないと心に刻んだ」という学校行事での出来事や、「子どもだけではなく私も救われた」という神対応など、高嶋がプライベートで見せた言動を「怖〜い話」「優しい話」に分けてドラマ化する。

今年3月、自身のブログで「息子のために仕事をセーブする」と宣言した高嶋だが、このきっかけについて、息子の行動に「危険信号」があったことを告白し、子育てについては「唯一の敗北」と認める。そこで2人の息子にもママへの本音を取材。「この際だから、お母さんに謝りたいことは?」という質問に、長男が「これからいっぱい悪いことします」と宣言し、兄弟それぞれの個性あふれる回答に高嶋も思わず絶叫する。

また、高嶋の大人気プロジェクト「12人のヴァイオリニスト」は緊急オーディションを実施。卒業生がどんどん活躍の場を広げ、若手の登竜門とも言われているが、今回、数人がグループを卒業。高嶋との距離2m、ド緊張の環境でオーディションが開催される。この結果、新しく生まれ変わる美女軍団が初公開される。

他にも、滝沢カレンが気になる疑問を自ら調査するコーナーでは、「将来MCになりたい」という滝沢が、「女性MCの第1号って誰?」という疑問を解決スべく、山田邦子や芳村真理ら往年の名司会者たちを次々に直撃。中でも黒柳徹子との対談では、徹子からの思わぬ一言に号泣する。

マイナビニュース

「高嶋ちさ子」をもっと詳しく

「高嶋ちさ子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ