「ファミ探」第2弾も3DSに配信、“傑作”の呼び声高いアドベンチャー。

4月24日(水)12時10分 ナリナリドットコム

任天堂は5月1日から、ニンテンドー3DS向けバーチャルコンソールの新タイトルとして、「ファミコン探偵倶楽部 PART II(前後編)」の配信を開始する。価格は500円(税込み)。

「ファミコン探偵倶楽部 PART II」、1988年にファミコンのディスクシステム向けに登場したアドベンチャーゲーム「ファミコン探偵倶楽部」シリーズの第2弾として、1989年に発売されたタイトル。前作同様、当時、任天堂のエースだった故・横井軍平さんがプロデュースを務めており、傑作と呼ばれることも多い作品だ。

1998年にはスーパーファミコンでのリメイク版、2004年にはディスクシステムの前後編を移植したゲームボーイアドバンス版、さらにWiiバーチャルコンソール向けに2008年スーパーファミコン版、2009年ディスクシステム版が配信されている。今回、3DS向けバーチャルコンソールに配信されるのはディスクシステムの前後編だ。

探偵助手として、女子高生殺人事件の調査に乗り出した主人公。学校の関係者に聞き込みをしたり、怪しい場所を調べたり……さまざまな方法で情報を集め、事件の真相に迫る。学校で噂される怪談「うしろの少女」と殺人事件の繋がりとは——?

ナリナリドットコム

3DSをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ