吉本坂46人気ユニットRED、3日間徹夜で高難易度ダンスに挑戦「次の日までクラクラ」

4月24日(水)13時27分 オリコン

吉本坂46の人気ユニットREDの新曲「やる気のない愛をThank You!」のMV公開

写真を拡大

 吉本芸人46人からなるアイドルグループ・吉本坂46の人気ユニットREDの新曲「やる気のない愛をThank You!」のミュージックビデオ(MV)が公開され、前作を超す高難易度ダンスに挑戦したことが明らかになった。

 若手のイケメン、美女が多数所属するユニットREDは、池田直人(レインボー)、小寺真理(新喜劇)、榊原徹士、三秋里歩、高野祐衣、しゅんしゅんクリニックP、藤井菜央、まちゃあき(エグスプロージョン)、光永、西村真二(ラフレクラン)、SHUHO、多田智佑(トット)、田中シングル(8.6秒バズーカー)、HIDEBOH、きょん(ラフレクラン)、A-NONの16人。前作「君の唇を離さない」で高難易度のダンスを踊り、1週間で100万再生を突破。同シングルの個人盤売上ランキングでもREDのメンバーが上位10人中7人を占め、選抜メンバーを超す人気ぶりをみせている。

 2ndシングル「今夜はええやん」(5月8日発売)収録の新曲「やる気のない愛をThank You!」のMVは、恋愛をテーマに「男女の関係性、駆け引き」を8つのセットで表現。高速で回転しているステージの上でミュージカル調に踊りながら、自分の気持ちを相手に向かって伝えていくというコンセプトで撮影が行われた。

 高速回転するステージは、メリーゴーランドを倍速で回したほどのスピード。気を抜くと振り飛ばされてしまいそうな回転の中で演技とダンスに挑戦したメンバーは、三半規管がやられ、フラフラで立っていられないような状態に。振り付けは東京ゲゲゲイのBOW氏が担当し、プロのダンサーですら筋肉痛になるというほどの高速かつ複雑な動きのダンスを、メンバーは3日間徹夜で練習し、本番に臨んだ。

 今回REDのセンターを務めるのは、デビューシングル「泣かせてくれよ」の個人盤売上ランキングでぶっちぎり1位だった小寺真理(新喜劇)と、2位の池田直人(レインボー)。小寺は「回転する舞台でのダンスは想像以上に難しかったのですが、この曲は小寺にぴったり! とメンバーやスタッフさんに言っていただいているので、悪女の私を見ていただけたらと思います。撮影後に、監督さんに『今年一のエモいMVになりますよ!』と言っていただけたので自信を持って皆さんにお届けします!」と自信たっぷり。

 池田も「今回、小寺さんとセンターをやらせていただいており、僕自身生まれてきて1番かっこよくなりました! MVの撮影では、次の日までクラクラするくらい、回転台を使ってとにかく回り続けて撮影しました! そのおかげでめちゃくちゃカッコいいものができてます! REDメンバー超絶気合い入ってます!」と言葉に力を込めた。

オリコン

「ユニット」をもっと詳しく

「ユニット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ