大橋未歩 MXで水を得た魚のようにイキイキ、オファー殺到

4月24日(水)16時0分 NEWSポストセブン

夫は10歳年下のテレ東局員(時事通信フォト)

写真を拡大

 テレビ朝日の小川彩佳(34)・宇賀なつみ(32)、TBS・宇垣美里(28)らのフリー転身など女子アナ界の“春の人事異動”が話題だが、全く違った意味で脚光を浴びているのが元テレビ東京の大橋未歩(40)だ。


 昨年からフリーに転じた大橋は、4月1日から『5時に夢中!』(TOKYO MX)にアシスタントとして出演。早くも共演のマツコ・デラックス(46)らが目を丸くする“下ネタ”を連発しているのだ。


「人前で見せたくない体のパーツはどこ?」と聞かれ、「私、お尻は出したいくらいです。お尻だけは肌が荒れないんですよ」と“美尻”自慢。


 下着の選び方を問われれば、「相手が好きなものを身につけたいから、“どんなのが好き?”と聞きます。むしろ好みに寄せていきたい」とまたまたぶっちゃけた。


 テレ東時代から大橋は女子アナらしからぬ“下ネタ全開キャラ”で有名だった。バラエティ番組に体のラインがわかるセクシーな衣装で登場したり、大股開きでヨガ体験をしたこともある。『極嬢ヂカラ』という番組では、「Hの好みは?」と聞かれ、「粗末にされるのが好き」と仰天告白したこともあった。


「それでも局アナ時代の彼女は上司の目もあって、あけっぴろげなキャラクターを大分抑えていた。1期先輩で、今や『ワールドビジネスサテライト』の顔となっている大江麻理子アナ(40)とライバル関係と目され、何かと比較されたことも息苦しかったようです。『5時に夢中!』での彼女はまるで“水を得た魚”のようにイキイキしている」(テレ東関係者)


「現在、各局のトーク番組からオファーが殺到中」(芸能プロ関係者)という。TOKYO MXの自由な雰囲気が大橋の魅力を引き出したのかもしれない。


※週刊ポスト2019年5月3・10日号

NEWSポストセブン

「大橋未歩」をもっと詳しく

「大橋未歩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ