アラ還女優なぜモテる? 渡辺えり、大竹しのぶに“恋の噂”

4月24日(水)11時0分 NEWSポストセブン

記者の直撃に答える渡辺えり

写真を拡大

 還暦を迎えた女優たちに、20才以上年下のイケメンとの“恋の噂”が相次いでいる。離婚が明らかになった64才の渡辺えりは、27才年下俳優との復縁説、61才の大竹しのぶは、22才下俳優とのデート報道があった。彼女たちはなぜモテるのか?


 渡辺は1996年、自身が主宰する劇団員だった俳優の土屋良太(51才)と結婚。当時は“格差婚”“13才の年の差婚”と大きな話題を呼んだが、その土屋と昨年8月に離婚。その原因に、2013年1月に不倫と報じられた27才年下のイケメン俳優・吉田侑生(37才)が関係していると、18日配信のNEWSポストセブンの記事では伝えた。


 渡辺の離婚が成立した昨年夏以降、渡辺の自宅には吉田を含めた劇団員の出入りが激しくなった、という劇団関係者の証言も紹介している。4月中旬、都内の高級住宅地にある前夫と暮らした自宅から引っ越し作業中の渡辺を直撃。離婚に吉田との関係が影響している?と聞かれた渡辺は、


「そういうことはありません。もともと(吉田とは)そういう関係じゃないんですよ。信頼関係のある役者と主宰者ですから」と回答。離婚原因ではないと否定したが、今後、再婚の可能性について聞かれると、


「それはわかりませんね(笑い)。再出発して、またこれからご縁があれば、結婚するかもしれませんけど64才ですから…今はまず整理をしたってことで。公にする時はちゃんとします。まぁ静かに見守ってほしいです」と答えた。


 この記事に対し、ネット上には感情的な反応ばかりが連なった。親子ほども離れた“27才年の差復縁”について、「いろんな意味でスゴイと思う。一言では言い表せない」などと驚く声が多数。


「舞台女優なのだし、一般人には理解できない魅力があるのだろうから恋多き女なのは何の問題もないと思う」

「64でかなり年下の男と恋愛なんて、人生楽しいだろうな〜!」

「座長するぐらいだから、中身が男っぽいのかな

若い人がいいってとこ」


 といった声が寄せられ、中には、ビジネス的なつながりや「財力が魅力なのでは」と見る声もあった。


 前夫の土屋が離婚後、ヤケ気味に酒を飲んでいるとも報じられていることについて、「元旦那さん、やけ酒って、別れたくなかったんだ 後悔させれるのって、すごい」といった感想も寄せられた。


 渡辺の復縁報道に続き、23日には、大竹しのぶはヴォーカルグループ・LE VELVETSに所属する長身イケメン俳優・宮原浩暢(39才)とのデートが『女性自身』に報じられた。2人は昨年11月に大竹が主演した舞台『ピアフ』で初共演。宮原は、大竹が演じるエディット・ピアフに才能を見出される歌手という役どころを好演。そんな彼のことを大竹は高く評価していたという。


 この記事に対してネット上では、

「男性の方は尊敬する先輩、あわよくば今後の仕事に繋がるお付き合いと考えてるのでは?大竹さんはそういうことも分かった上で、でも年下のイケメンと会えるのは嬉しいなって感じでは?」

「ひと昔前の若い女性のように、今は若い男性の方が打算的」


 といった声や、「本当なら還暦過ぎの女に手を出す若い男の気が知れないが、当人たちの自由。好きにさせてあげればいい」などと、年の差恋愛に寛容さを表す声もあった。


 大竹といえば、かつて雑誌『婦人公論』で過去の恋愛相手は30人を超えると告白したこともあるほど恋多き女優として有名。


 1982年に略奪婚したドラマディレクターをはじめ、死別後は明石家さんまと再婚。さんまと離婚後は演出家の野田秀樹氏と事実婚状態に。破局して独り身となってからは、RADWIMPSの野田洋次郎や松本潤ら年下男子にも熱を上げていたと報じられたこともある。そんな大竹について、作家の岩井志麻子さんはかつて、『女性セブン』(2017年6月1日号)で以下のようにコメントしていた。


「魔性の女って実は美女じゃない。男は美女には見下されないかと不安になりますが、そうでない人には心を許しがち。大竹さんも素敵なかただけど、“実力派”とは評されても“美人女優”とはあまりいわれないタイプですよね。大竹さんの無邪気さやおっとりとしたしゃべり方はつかみどころがなく不思議な魅力がある。男性に “おれにしか見出せない女だ”と思わせるのではないでしょうか」


 アラ還にして20才以上年下男性にモテるのは、一体なぜなのだろうか。芸能関係者が語る。


「ふたりに共通するのは、舞台でお相手と共演しているということ。舞台は、稽古から千秋楽まで数か月にわたり同じ時間を過ごします。稽古では密着することもありますし、ともに良い作品を作ろうとする仲間として、役者の距離感の近さはドラマや映画の現場以上です。お互い親近感がわきやすい環境にあるということがまずあります。それに、舞台ではドラマや映画と違って、年齢を飛び越えて恋人役を演じることは珍しくありませんからね。


 そのうえで、年下の俳優からすると、しっかりと演技の経験を積んだ女優はとても尊敬すべき存在で、学ぶことも多いんです。現場で演技指導をするベテラン女優もいるでしょうし、それをもっと聞きたいという若手俳優だっていっぱいいます。そういった彼らの先輩女優への尊敬の気持ちが、数か月もの間、共演をする中でいつしか恋愛感情に発展してもなんらおかしくありません。そこにもはや年齢は関係ないのでしょう」


 年を重ねてもバイタリティを失わないことも、ふたりがモテる理由かもしれない。

NEWSポストセブン

「大竹しのぶ」をもっと詳しく

「大竹しのぶ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ