アリアナ・グランデと破局したビッグ・ショーン、彼女の“ワガママぶり”に嫌気がさした?

4月24日(金)20時25分 Techinsight

アリアナ、ジャスティン(右)と共にビッグ・ショーンに強烈ジャブ?(画像はshots.com/justinbieberより)

写真を拡大


昨年に交際を開始し、一時は「婚約するのではないか?」とまで言われたアリアナ・グランデ(21)とビッグ・ショーン(27)。しかし2人は、突然「互いに忙し過ぎた」として破局を発表。その原因について、周辺よりいくつか気になる情報が浮上している。

順調に愛を育んでいたはずのアリアナ・グランデとビッグ・ショーンが破局。それは「今月にアリアナとステージに上がり、背後から抱きしめたジャスティン・ビーバー(21)のせい?」とも噂されたが、その時には関係が破たんしていたようだ。情報筋らによると、関係の悪化は2月頃に始まっていたという。

ちなみに情報筋らは米メディア『TMZ』に「別れを決めたのはビッグ・ショーンのほう」と明かしており、理由として以下の点を挙げている。

■ビッグ・ショーンの大事なショーに、アリアナは「グラミー賞授賞式の準備がある」という理由で姿を現さなかった。
■ビッグ・ショーンはアリアナを頻繁に訪問したが、彼女が彼を訪問した回数は10分の1程度だった。
■アリアナは「プライベートジェット機で会いに来て」とねだることもあった。

貧しい少年時代を過ごしたビッグ・ショーンは、ワガママなアリアナにつき「なんて金遣いの荒い女なんだ」と憤ったとのこと。それでも関係修復に向けて話し合いをするも、アリアナはジャスティンをステージに上げて濃厚な絡みを許したという。これにビッグ・ショーンは大変傷つくと同時に、「自分を傷つけようとアリアナ本人が企てたこと」と確信したらしい。

一時は「アリアナと交際できることを神に感謝したい」とまで語っていたビッグ・ショーンだが、愛が大きかっただけに心の傷はずいぶん深そうだ。

※画像は、shots.com/justinbieberのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

破局をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ