神田うの、うつみ宮土理にエールを送る。「今はそっとしてあげたい」と気遣いも。

4月24日(金)17時40分 Techinsight

神田うの、今日のファッションは合計約1万円。

写真を拡大


24日、東京・吉祥寺にて『オールドネイビー吉祥寺店オープン記念イベント』が行われ、モデルやタレント、ファッション・デザイナーで活躍する神田うのが登場した。

「うのでぇーす」とお決まりのフレーズで登場した神田うの。さすがモデルなだけあり、全身オールドネイビーでコーディネートしたファッションをうまく着こなしていた。「トータルで1万円ちょっとなんですけど、1万くらいの女には見えないでしょ!?」と相変わらずの強気発言は健在だ。

3歳半になる娘とはお揃いの服を着て楽しんでいるという神田は、「もう服に対する(娘)本人のこだわりがあるみたいで、自分で服を選んでいます」「得意分野のファッションなんかはママの背中を見て、それ以外は反面教師で」と良きママの顔をのぞかせる。『オールドネイビー』には「ファミリーで来たいな」と家庭円満であることもアピールした。


話題が15日に亡くなった愛川欽也さんのことになると、神田は沈痛な面持ちで「本当にお世話になったので残念です」と語った。愛川さんの妻・うつみ宮土理に対しては「テレビにはお出にならないのを知っているので、こちらからご連絡はしていないです」「今はそっとしてあげることが宮土理さんに対してすべきことかなと。もうちょっと時間がたった時に囲んで励ます会じゃないですけど、普通に自然に出来ればいいなと思っています」と気遣っていた。


カルフォルニア発米国売上げNo.1のアパレルブランド『オールドネイビー』は、大人から子供まで家族全員で楽しめる商品を驚きの価格で提供するアメリカンカジュアルブランドだ。今回、東京都内初の路面店となる吉祥寺店がオープンした。
(TechinsightJapan編集部 みほりー)

Techinsight

「神田うの」をもっと詳しく

「神田うの」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ