ヒラリー・ダフ、離婚申請するも息子の親権で同意が困難。泥沼化も?

4月24日(金)13時15分 Techinsight

ヒラリー・ダフ、すんなり離婚はできず?

写真を拡大


2010年に元プロアイスホッケー選手マイク・コムリー(34)と結婚。2012年には息子の誕生を喜んだヒラリー・ダフ(27)は、今年に入り“妥協しがたい相違”を理由とする離婚申請を伝えられた。昨年の破局後も頻繁に顔を合わせ仲の良かった夫妻だけに「離婚もスンナリ決まるのか」と思いきや、今後は親権をめぐって争う可能性が出てきた。

昨年に破局を発表したものの、家族揃って出掛けるなど良い関係を維持していたヒラリー・ダフとマイク・コムリー。「このまま関係維持へ?」とも噂されたが実現せず、今年に入ってヒラリーの離婚申請が伝えられた。

その中でヒラリーが求めたのは、息子ルカ君と一緒に暮らし養育する権利。夫マイクには息子を訪問する権利を与えたいとしていたが、この内容を子煩悩なマイクは納得しなかったようだ。このほどマイクは「法的にも息子の養育に関わりたい。また息子と生活する権利はヒラリーと共同で所有したい」と届け出ており、夫妻の間でさらなる調整が必要となった。

また相当な財産を持つ夫妻だが、「万が一のために」と婚前契約書を交わしてあったもよう。離婚を成立させるにあたり、マイクは契約通りの形で財産を分け合いたいとしている。

先月は揃って息子の誕生日を祝った夫妻。しかし今後は誰よりも大事な息子をめぐり、争い合う可能性もある。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「離婚」をもっと詳しく

「離婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ