SMAP『ありがとう』にストレス解消効果 リラックスにはロックが良い!?

4月24日(日)11時10分 Techinsight

肩こりや腰痛、不眠などもストレスが原因となることが多い。バラエティ番組『金スマ』ではその悩みを解消すべく自律神経に詳しい小林弘幸先生を迎えた。自律神経のバランスを整えるためには日常でちょっとした工夫をすればよいが、先生によるとSMAPの楽曲『ありがとう』を聴くことも効果的だという。

4月22日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)は自律神経を特集した。自律神経は「やる気が出る反面でストレスも感じる」交感神経と「リラックスする一方で過剰になると意欲がなくなりうつ状態につながる」副交感神経からなる。それぞれが1:1に近いバランスとなることが望ましい。

自律神経には社会的な環境から入浴や食事、睡眠といった生活パターンまで様々なことが影響する。そんななか、熊本県議会議員でタレントの松野明美が車を運転しながら落ち着くためにクラシック音楽を聴いていることが分かり、小林弘幸先生から「落ち着きたい時にはロックを聴くとよい」と意外なアドバイスがあった。

ロックは基本的に一定のリズムを刻むので、クラシックよりもストレス度が下がりリラックスできる。それは、赤ちゃんの身体をお母さんがポンポンと一定のリズムで叩くと泣き止むのと同じ効果だという。

小林先生はさらに「同じことを繰り返す『ありがとう』という曲なんかよい」とSMAPの『ありがとう』を挙げた。何回も同じフレーズが繰り返されることで、自律神経を整えるらしいのだ。

“同じフレーズを繰り返す”楽曲はいろいろあるが、先生によると良い睡眠を得る魔法の言葉は寝る直前に「今日も一日 ありがとうございました」と感謝することだという。自律神経が乱れる嫉妬や怒りとは逆に、感謝する「ありがとう」はリラックス効果が大きい。SMAPの『ありがとう』はその意味でもおすすめである。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

SMAPをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ