飯豊まりえ、ホラー映画『シライサン』で初単独主演 「貞子」「伽椰子」を超える“怨霊”が産み落とされる

4月25日(木)10時23分 AbemaTIMES

 飯豊まりえが単独主演とホラー映画に初挑戦。映画『シライサン』が「貞子」「伽椰子」を凌駕する新たな怨霊「シライサン」が、2020年1月に公開される。ホラーが大の苦手という飯豊だが、初の単独主演となる本作で恐怖に立ち向かうニューヒロインに、体当たりで挑む。監督は、ジャンプ小説大賞を若干17歳で受賞し、数多くの作品が映像化されている異才の小説家・乙一として知られる安達寛高。本作は完全オリジナル作にして、長編監督デビュー作だ。

「視線を逸らすと、殺される—」という「シライサン」の呪い——

 不自然な親友の死の真相を追い続け、決して逃れることのできない呪いの連鎖に巻き込まれてしまった主人公を演じるのは、飯豊まりえ。普通の女子大生でありながら、自己犠牲もいとわず恐怖に立ち向かうという複雑な表現が求められる難役に抜擢された。『富江』『マザー』など数々のホラーを手掛けた武内プロデューサーは、「透明感と多様性、そして意志の強さを感じる」演技から、彼女以外にこの役を受けられる人はいないと起用理由を述べている。2012年の女優デビュー後、数多くのドラマ・映画に出演、今年は初めての声優作品や舞台にも挑戦。さらに、主演を含む出演作の公開が多数控えているなど、今最も注目されている若手女優の一人だ。

 「その名を知ると現れて、視線を逸らすと、殺される」という斬新な呪い、そして、鈴の音と共に現れる。この新たなホラーキャラクター「シライサン」を生み出したのは、『GOTH』『暗いところで待ち合わせ』などの人気作を生み出してきた小説家・乙一(安達寛高)。脚本家としても活躍する異才が挑む、初の長編監督作品に期待が高まる。


 

キャスト・監督 コメント


■飯豊まりえ <瑞紀 役>
自分の中で初めての挑戦で、今は緊張しています。台本を読むだけでも、シライさんがどこかに居そうで怖かったです。そして、この作品に携われたことで、ホラーへの印象が変わるかもしれません。
頂いた出会いと役を大切に、いまから心の準備をして真剣に、向き合って臨みたいと思っています!映画館でお会いできるの楽しみにしております。

■監督・脚本:安達寛高(乙一)
初めて映画を撮ったのは二十四歳のときでした。今回、劇場用長編映画を撮ることになり、不安と期待が入りまじっています。長編映画を撮ることが夢でした。映画『シライサン』は、いわゆる『リング』や『呪怨』の系譜につらなるJホラーです。呪いにより次々と人が亡くなっていきます。僕が「怖い」と感じるものを作品に盛り込みました。観た人が、一生、トラウマとなって引きずっていくような映画にしたいです。

■キャスティングについて/プロデューサー・武内 健
10年ほど前に安達寛高監督の自主映画を手伝いました。その頃から監督・脚本でオリジナル作品をやりたかったのですが、本人はとても慎重で、自主映画で少し勉強をしたいと、なかなか腰を上げてもらえませんでした。そして、去年の年賀状に「映画をやりたいです」と一言。そこからすぐにこの企画が立ち上がりました。論理と不条理が入り交じり、恐怖と切なさで引き込まれる。こんなに面白い物語がつまらない映画になるわけがない!私自身が一番期待をしています。
また、主人公・瑞紀は、ホラー映画のヒロインにありがちな悲鳴を上げるだけのキャラクターではありません。普通の純粋な女の子らしさと、自身の後悔や葛藤と向き合い、他者の悲しみや死者の想いをも洞察する思慮深さ、そして勇気と知恵をふりしぼり自己犠牲もいとわず恐怖に立ち向かう、力強い側面の持ち主です。この複雑な表現が求められる役を演じる女優さんについて、正直悩んでいました。そんな時に観た知り合いの監督の作品に飯豊さんが出演していました。その透明感と多面性、太い芯の通ったような意思の強さに心を動かされすぐに出演をお願いしたところ、OKをいただきました。また、ご本人がホラーを苦手としていることを後で知りました。大丈夫かなと少し不安になりましたが、台本にメモを取りながら監督の意見に耳を傾けているその真摯な姿が主人公・瑞紀とダブりました。なんだか勝手にこれは勝てる!と思ってしまいました。とにかくたいへんな意気込みをみせてくれている飯豊まりえさんに是非ご注目ください!
 

ストーリー

 眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心臓麻痺だった。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたようだったという、奇妙な共通点があった。

 親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)と、弟を失った春男。二人は共に事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン…」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心臓麻痺で死亡した。

 事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に明かされてゆく“シライサン”の呪い…。核心に近づく三人の前に、理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた……。
 

AbemaTIMES

「ホラー」をもっと詳しく

「ホラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ