「バケモノの子展」に続く細田守監督作品の大規模展覧会「未来のミライ展〜時を越える細田守の世界」7月25日より開催決定! 『時をかける少女』ほか過去作の展示も

4月25日(水)12時0分 アニメイトタイムズ

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』に続く細田守監督の最新作、『未来のミライ』が2018年7月20日(金)に公開となります。本作は4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきたその妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語。先日、第71回カンヌ国際映画祭「監督週間」に選出、正式上映されることが決定し、日本にとどまらず世界でも大きな注目を集めています。
その公開に合わせ、7月25日(水)より「未来のミライ展〜時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』」が東京ドームシティGallery AaMoで開催されます。東京・大阪・富山で延べ13万人を動員し、好評を博した「バケモノの子展」に続く2回目の大規模展覧会となり、『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などを通じて立体的なイベントで再現することがコンセプト。
日本テレビイベント事業部の福井プロデューサーがこのコンセプトを細田監督に伝えたところ、「映画とは違う、イベントならではの表現で、子どもと大人が一緒に楽しめる空間を作ってほしい」と展示に対するアイデアや意見が。その刺激をイベントに生かすことで、“時を越える細田守の世界”を表現しようと全力で準備が進められています。
『時をかける少女』に代表される過去作の展示も盛りだくさんとなっていますので、新作との関係性を分析・紐解き、細田監督と多くのスタッフが作り上げた映画の魅を紐解きましょう。また、オリジナルグッズを販売する「スタジオ地図SHOP」が併設されています。この夏はくんちゃんとミライちゃんが見る“未来”を体験して、細田守監督が描く不思議な世界に“タイムリープ”してみてはいかがでしょうか。
開催概要会期:2018年7月25日(水)〜9月17日(月・祝)
会場:東京ドームシティGallery AaMo(文京区後楽1-3-61)
時間:10:00-18:00(17:30最終入場)※予定
主催:日本テレビ放送網、ムービック・プロモートサービス、東京ドーム、KADOKAWA
特別協力:スタジオ地図
協力:面白法人カヤック
http://mirai-ten.jp/ (公式ホームページ)
https://twitter.com/mirai_ten (公式twitter(@mirai_ten))
 
『未来のミライ』作品概要● ストーリーとある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、未来からやってきた妹、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時を越えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受けるみたこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは——

● 制作概要タイトル:『未来のミライ』/英題:『MIRAI』
監督・脚本・原作:細田守
『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)
キャスト:
上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司
オープニングテーマ・主題歌:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
関連リンクhttp://mirai-no-mirai.jp/ (映画公式サイト)
https://twitter.com/mirai_movie (映画『未来のミライ』公式Twitter(@mirai_movie))
https://www.instagram.com/studio_chizu/ (スタジオ地図公式Instagram)

アニメイトタイムズ

「細田守」をもっと詳しく

「細田守」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ