プリンス、死の数日前に薬物過剰摂取の治療!?24時間安静のはずが…

4月25日(月)17時58分 アサ芸プラス

 プリンスは死の数日前、薬物過剰摂取に対する治療を受けていたようだ。21日にペイズリー・パークの自宅兼スタジオのエレベーター内で死亡しているところを発見される前の今月15日、プリンスはプライベートジェットでの飛行中にインフルエンザが悪化したことにより病院へと搬送されたと複数の関係者がTMZに伝えたと報じられていたが、その真相は全く違うものだったようだ。

 アトランタ公演からミネソタ州の自宅まで帰る途中、到着まであと48分という距離で、緊急着陸となり病院搬送されていたが、その際医師団からアヘン剤の効果を抑える「セーブショット」が投与されていたという。

 プリンスは医師たちより病院で24時間安静にするようにと言われていたが、個室の確保が出来なかったために、その後また自宅へとプライベートジェットで向かったと前出の関係者たちはTMZに話していた。

 他の情報筋は、病院を去ったときのプリンスの体調は思わしくなかったと語っている。

 プリンスの正式な死因についてはまだ明らかになっていないが、ミネソタ警察当局は、調査を進めるにあたってその病院での記録を参考にしたいと考えているようだ。

 プリンスの代理人はこれらの主張に対してまだ正式コメントを出していない。

アサ芸プラス

「プリンス」をもっと詳しく

「プリンス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ