ついに和解!爆笑問題・太田が明石家さんまの番組を干されていた理由とは?

4月25日(月)17時58分 アサ芸プラス

 4月23日に放送された「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)の次回予告にて、爆笑問題太田光が出演することが発表された。かつてレギュラーだった太田だが、しばらくは番組に出演していなかったという。

「この番組は元々、『27時間テレビ』などで放送されていた、芸人たちによる『大反省会』のフォーマットを用いて30分番組にしたものです。その時から今田耕司、太田光、堀内健などは出演していたのですが、昨年、レギュラー化されると、ある時を境に太田のみが、まったく出演しなくなったため、番組ファンを動揺させました」(テレビ誌記者)

 それだけに次回、番組に太田が久しぶりに姿を現すとあって、ネットでは「楽しみで仕方がない!」「番組を掻き回す太田がいないと、おもしろくないからな」と、歓迎する声が相次いだ。

 そんな太田がこれまで番組を干されていたのには、ある事情があったという。

「番組初期には頻繁に出演していた太田ですが、ギャラの問題により所属事務所の社長と、女性プロデューサーとの間で確執が生まれ、完全出禁になったと言われています。しかしこの4月から、その女性プロデューサーが異動となり、代わりに過去『めちゃイケ』などを手掛けていたスタッフが加わりました。そのため太田の出禁が解け、事務所は改めて番組側と和解することとなったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 次回、「さんまのお笑い向上委員会」に約10カ月ぶりに登場する太田。久々の登場に、明石家さんまや他の芸人たちと、どのような化学反応を見せるのだろうか。

(森嶋時生)

アサ芸プラス

「爆笑問題」をもっと詳しく

「爆笑問題」のニュース

BIGLOBE
トップへ