逮捕の坂口杏里、警察の扱いは「無名のショボい芸能人」だった!?

4月25日(火)5時59分 アサ芸プラス

 艶系女優の坂口杏里が警視庁新宿署に逮捕され、4月20日に拘留中の原宿署から東京地検に送検された。移送に使われたのはマイクロバスの護送車で、他の容疑者と一緒に移送されたものと見られる。このシーンについて週刊誌の記者はこう語る。

「バスタイプの護送車は複数の警察署で容疑者を拾ってから地検に向かうもの。それに対して重大事件の容疑者や社会的な影響の大きな著名人は、ミニバンタイプの乗用車で個別に移送されます。テレビ中継されるような著名芸能人もこちらに当てはまりますから、今回は警察が坂口について『重大事件でも著名人でもない』と判断したことになりますね」

 最近ではASKAや清原和博、高畑裕太といった容疑者が乗用車で移送されている。それに対して坂口がバスでの移送となった理由には、艶系女優という肩書が影響しているのだろうか。

「いえいえ、小向美奈子は乗用車でしたよ。こちらは薬物関連でしたし、タレント時代の知名度も大きく上回っていました。坂口はたった3万円の恐喝容疑に過ぎないうえ、著名女優の娘とはいえ世間での認識はお笑い芸人の彼女でしかありませんでした。そんな無名タレントでは警察での扱いが雑になるのも致し方ないでしょう」(前出・週刊誌記者)

 もっと重大な事件を犯していれば、乗用車になっていた可能性もあるということか。その意味ではバスでの移送になったことは坂口にとって幸いだったのかもしれない。

(金田麻有)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

杏をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ