羽田空港内に「ファーストクラス」のカプセルホテル誕生

4月25日(水)9時26分 J-CASTニュース

ファーストクラスキャビン

写真を拡大

   ファーストキャビン(東京・千代田区)は、「ファーストキャビン羽田」を2012年4月23日にオープンした。



ファーストクラスが5900円で


   御堂筋難波、そして京都烏丸に店舗を構えてきた「ファーストキャビン」は飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルで、カプセルホテル並みの料金で宿泊できるのが売りだ。コンパクトな空間ながら、快適に過ごせる十分な広さと機能性を追及し、大型液晶テレビや無線LANなどをしつらえたキャビン(客室)が好評を得ている。


   今回オープンした「ファーストキャビン羽田」は、「羽田空港第1旅客ターミナル」1階に位置し、早朝・深夜フライト利用者を中心とした宿泊にはもちろん、フライト前後の時間調整にも利用できる「デイユース」(時間利用)にも対応する。


   宿泊・デイユースの利用者ともに、大浴場とシャワーブースが無料で利用でき、宿泊料金は、120cm幅のワイドサイズベッドやサイドテーブルを配したファーストクラスキャビンが5900円、よりコンパクトに凝縮した設備のビジネスクラスキャビンが4900円となっている。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

カプセルホテルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ