くまモン「きたねーぞ!」と実況 「ゆるキャラ」プロレスでラフプレー連発

4月25日(土)16時25分 J-CASTニュース

くまモン、ラフプレーにも「素知らぬ顔」

写真を拡大

   熊本県の営業部長代理、くまモンの「やんちゃ」ぶりが加速している。2015年4月25日に千葉市の幕張メッセで開幕したイベント「ニコニコ超会議」では初めてプロレスリングがお目見えし、全国からゆるキャラ12体が参戦した。

   押しくらまんじゅうや椅子取りゲームで優勝を争ったが、くまモンは他のゆるキャラを押さえ込んだり、椅子を奪って囲い込んだりするラフプレーを連発。場内の実況も「くまモンきたねーぞ!」と苦笑しながら突っ込むほどだった。



他のキャラを押さえ込み、椅子を奪って囲い込む



   リングには15年11月で引退を表明している天龍源一郎選手(65)が登場し観客を沸かせたが、天龍選手の試合に先立って行われたゆるキャラの試合も、全然「ゆるく」なかった。特にくまモンの「やんちゃ」が目立ったのが椅子取りゲームだ。


   1回目は、椅子の周りを歩いているゆるキャラの中から「オカザえもん」を(愛知県岡崎市)引きずり出して押さえ込んだ。


   2回目は、他のゆるキャラの外周を走っていたと思ったら、急に円の中に入って椅子を奪い、リングの端まで持って行って囲い込み「独占」。会場実況も、


「くまモンきたねーぞ!やることがずるいよ!くまモンはえらいダーティープレイですね〜」

などと苦笑していた。「チーバくん」(千葉県)や「家康くん」(浜松市)が抗議するような仕草をしても、くまモンは素知らぬ顔だった。それ以外にも、くまモンは何度もロープを乗り越えようとするなど、終始活発だった。


   優勝は司会者の一存で「ふっかちゃん」(埼玉県深谷市)が獲得。だが、最も強い印象を残したのはくまモンで、実況も、


「ゆるキャラも生存競争が激しいことが分かりましたね〜」

「くまモンは名イベンターですね〜」

などと感心しきりだった。



警視庁が初めてブース出展、「DJポリス」が出迎える



   くまモンをめぐっては、13年のNHK紅白歌合戦で、ふなっしーと取っ組み合いをしたほか、15年4月放送のバラエティー番組でAKB48の柏木由紀さん(23)の胸を触ったと指摘されるなど、「やんちゃ」ぶりが際立っている。J-CASTニュースでは11年10月には、くまモンのことを「まんべくん」(北海道長万部町)と対比する形で「優等生キャラ」と報じていたが、3年半という時を経てキャラも変化、成長しつつあるようだ。


   15年の「超会議」では、初めて警視庁がブースを出展。「DJポリス」と呼ばれる雑踏警備を担当する警察官が、専用車両から振り込め詐欺や危険ドラッグへの警戒を呼びかけた。


   会期は4月26日まで。26日には小林幸子さんやAKB48が来場予定で、主催者では2日間で14年実績(約12万人)を超える来場を見込んでいる。


J-CASTニュース

「くまモン」のニュース

BIGLOBE
トップへ