これは「WBC後遺症」なのか 絶不調に悩む球団の主軸たち

4月25日(火)11時57分 J-CASTニュース

WBC出場選手達は打撃不振に苦しんでいる(画像はイメージ)

写真を拡大

山田哲人中田翔筒香嘉智...。

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で主軸を打ったバッターが人が変わったように打てない。「WBC後遺症」の声も出始めた。



山田哲人、中田翔、筒香嘉智...



山田(ヤクルト)=2割2分4厘、本塁打2


中田(日本ハム)=1割7分6厘、本塁打なし


筒香(DeNA)=2割4分3厘、本塁打なし


2017年4月23日が終わった時点での成績である。ヤクルトは19試合、日本ハムとDeNAは20試合を消化したが、だれも予測しなかった不振にあえいでいる。


2016年の3人は活躍した。山田は2年連続トリプルスリー(打率3割、本塁打30、盗塁30)を達成。中田が打点王でチームの日本一に貢献すれば、筒香は本塁打王、打点王、長打率1位などと大ブレークした。


それがたたって、3チームとも勝率5割に届かない。ひどいのは日本ハムで、6連敗と8連敗中(23日まで)のどん底状態。16年の日本チャンピオンの驚くような変わりようである。


このほか、ソフトバンクの松田宣浩も1割9分2厘、本塁打なし。WBCの第1戦先発をまかされたロッテの石川歩(16年の防御率1位)は、勝ち星なしの3連敗で、ローテーションから外される有様。



大谷翔平ももとはと言えば...



いずれも現在の日本球界を代表する選手である。それが、なぜ、と思う。


「WBC出場で調整が狂ったのではないか」


こう指摘する評論家は多い。


通常であれば、自主トレーニングを経て2月1日にキャンプインし、オープン戦で調子を整え、開幕に合わせる。今年はWBCがあるため、それに合わせて調子を一気に上げて行く。


「WBCに合わせて最高潮に上げ、その後、調子を一度落としたわけだが、それから再び最高潮に持っていくのは難しい。調整プログラムがうまく組めなかったのではないか」


こんな見方をする専門家が少なくない。


WBC出場でも好スタートを切った選手はいる。それから考えると、やはり調整がおかしかったといことになるのだろう。


日本ハムの大谷翔平は調整不足からWBCを辞退したものの、肉離れで戦列を離れた。これも元はといえばWBCのための強化試合で痛めたことが遠因になっているという。


次回のWBCは各チームとも主力を出さない可能性も予想される。そんな危機感を覚えるスター選手の絶不調である。


(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

J-CASTニュース

「WBC」をもっと詳しく

「WBC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ