山口達也、離婚会見でも触れた「酒」問題 アルコールめぐるゴシップも

4月25日(水)19時40分 J-CASTニュース

画像はイメージです

写真を拡大

書類送検が報じられたTOKIO山口達也メンバーは、大の「酒好き」としても知られていた。

ジャニーズ事務所の発表などによれば、事件当時酒に酔っていたといい、またNHKの報道では、被害者の女子高校生にもアルコールを勧めていたという。




城島さん、松岡さんとは「酒の話ばっかり」



2008年に元モデルと結婚したものの、16年8月に離婚。当時、ジャニーズタレントとして初めて行った離婚会見では、仕事や趣味に没頭し、「週に1〜3日」しか家族の待つ自宅に帰っていなかった、と明かしていた。


「自分が仕事や趣味のサーフィン、お酒の付き合いなど自分のやりたいことを優先してしまった。彼女に家事一切を負担させ、甘えていた。大事な時にお父さんがいないというのは、私が思う以上に負担だったと思う」

仕事、サーフィンに続いて挙げたのが、「お酒」。TOKIOのメンバーでは松岡昌宏さんが酒豪として有名だが、山口メンバーも愛酒家として知られる。デイリースポーツでの連載では、やはり趣味であるバイクを眺めながら酒を飲むのが好きだと語り、


「松岡(昌宏)とリーダー(城島茂)とは酒の話ばっかり(笑)。『あそこの焼き鳥屋が美味い!』とか」(2015年2月16日付)

と、仲間との酒を通じた交流を明かしていた。


一方、酒に関するゴシップも、時折報じられていた。




女性自身が報じた「病院通い」



中でも話題になったのは、「女性自身」(光文社)が離婚後に伝えたニュースだ。足しげく通う病院が、「アルコール依存症」の治療で有名だと報じ、その健康不安を示唆したのである。当時、事務所は通院の事実を認めつつ、「依存症」については否定したものの、ファンの間にはどよめきが広がった。


また同じ16年7月には、レギュラー出演する「ZIP!」(日本テレビ系)に右目眼帯、顎へばんそうこう、という姿で登場した。本人は「自転車で転びまして、顔から。ちょっとケガをしました。ただ元気です」と説明したが、TOKIOきっての運動神経の持ち主ということもあり、疑問の声が噴出した。当時、ニュースサイト「ギャンブルジャーナル」などはこのトラブルを、「酒癖が悪いらしい」という噂と結びつける形で取り上げている。

J-CASTニュース

「離婚」をもっと詳しく

「離婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ