パク・ヒョンシク(ZE:A)、ソ・ガンジュン(5urprise)恋のライバルになったら!?

4月25日(土)19時40分 KEJNEWS

【25日=KEJ片岡実香 / 写真=張東燁】 昨年韓国で人気を博したドラマ『家族なのにどうして』のプレミアムイベントが25日に東京・国際フォーラムCで行われた。イベントおよび記者会見には主演を務めたパク・ヒョンシク(ZE:A)と俳優ソ・ガンジュンが登場した。

昼公演に登場した2人は、自己紹介をすると役についての説明や撮影時のエピソードを語った。なかでも2人の仲の良さが目立った。パク・ヒョンシクは、「ドラマファンミーティングは初めてするのですごく緊張しましたが、ガンジュンと一緒なので落ち着いてます」と話し、続いてソ・ガンジュンも「兄さん(パク・ヒョンシク)がいるから心強いです」と笑顔を見せた。

トークタイムでは、様々な2人の姿が見られた。理想の女性像を聞かれるとパク・ヒョンシクは、「心が通じ合える人がいいです。(外見は)僕の目に良く見えればそれが全てです」と男らしい答えでファンの心を鷲掴みにした。ほかにもフォトタイムや個人ステージを披露したり、ドラマのハイライト映像とともにナレーションや一部シーンを再現したりと内容盛りだくさんのイベントとなった。そしてイベント終了後の記者会見でソ・ガンジュンは昼の部を終えて、「緊張していましたが、してみたらすごく面白かったです」と微笑んだ。

さらに、劇中恋のライバルを演じた2人に「実際に恋のライバルとなったらどうするか?」という質問が挙がると「いやー」と苦笑するパク・ヒョンシク。ソ・ガンジュンは、「相手の女性の気持ちを尊重します。相手が僕に少しでも気があったら頑張ります。でもなかったら縁がなかったと諦めます」と答え、パク・ヒョンシクは、その横で同意するように頷いていた。

また2人は、フォトタイムで肩を組んだり、会見場を去る際に揃って丁寧に深々と礼をするなど、終始親しげな姿を見せた。一方、ソ・ガンジュンは現在MBC大河ドラマ『華政』に出演中、パク・ヒョンシクは次回出演作を準備中とのことだ。

KEJNEWS

「ZE:A」をもっと詳しく

「ZE:A」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ