ブライアン(FLYTOTHESKY)、単独ファンミーティング開催「被災された方々の力になれれば嬉しい」

4月25日(月)14時45分 KEJNEWS

【25日=KEJNEWS金善花 / 写真=張東燁】FLY TO THE SKYのメンバー、ブライアンが23日に東京・新宿明治安田生命ホールにて単独ファンミーティング「Brian “On My Own #BFF Meet&Greet”」を開催した。

15年9月に初ミニアルバム「Love & Hate」を発売、ファンからたくさんの愛をもらった彼は、アルバム活動以降、休息期間を過ごしていた。そして3月12日に本国でファンクラブ創立式およびファンミーティングを開催、本格的なソロ活動をスタートした。

久しぶりの日本イベントということで、会場にはファンクラブTシャツや帽子などを被っている人をはじめ多くのファンが集まった。そして彼が「久しぶりにソロ歌手として東京を訪れたブライアンです」と挨拶、大きな歓声と拍手が会場内に響いた。

彼は、「FLY TO THE SKYとして東京を訪れたのは昨年で、ソロ歌手として東京に来るのは本当に久しぶりなのですごく緊張しますが、みなさんを見たら元気になりました」とコメント。またファンミーティングが始まる直前には目をケガして、万全の状態じゃないにも関わらず2時間全力のステージを見せた。

今回のファンミーティングは、“ソロ歌手・ブライアン”をより深く知るための時間となった。近況として「運動がすごく好きなので、ジムを運営しています。そしてイメージがつかないかもしれませんが、花屋もやっているんですよ」と多くの事業を展開していることを明かした。

そして昨年ミュージカル「風のように炎のように」に出演、ミュージカル俳優としての活動もスタートさせたが、今年のミュージカルについての計画を聞かれると、「まだ声の調子が良くないのと、FLY TO THE SKYのアルバムが秋ごろに出る予定なので、今年はミュージカルをお休みする予定です」と明かした。FLY TO THE SKYの新作の知らせにファンは歓声をあげた。

ほかにも、バックハグ、壁ドン、一緒に写真撮影するなどファンと忘れられない思い出を作るゲームコーナーや、ブライアンをどれほど知っているかが分かる○×クイズなどで楽しい時間を過ごした。

最後に「熊本地震発生後、大変な方々がたくさんいるなかでファンミーティングを開催するのが正しいことなのかたくさん悩みました。しかし辛い思いをしている方々に笑顔を届けたいという思いで開催することにしました。辛い状況のなかでも笑顔を忘れないでほしいと思います。みなさんのことを愛しています」と思いを伝えた。

ソロ歌手としての活動をスタートさせたブライアンは、7月にタイでもファンミーティングを開催する予定。

KEJNEWS

ファンミーティングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ