『帰ってきた愛』クォン・サンウ、二面性を見せて中国大陸を掌握

4月25日(月)15時23分 KEJNEWS

【25日=KEJ金善花】俳優クォン・サンウが韓中ドラマ『帰ってきた愛』で二面性のある姿を見せる。

地震によって記憶を失ったソン・ジンナム(クォン・サンウ)が自身を助けてくれた少女ソ・ジョンヒャン(ワン・ズーウェン)と愛していた妻イム・ヒョ(リー・ニエン)の間で記憶を取り戻しながら混乱するストーリーを描く。

クォン・サンウは劇中、記憶を失ったジンナムとして活躍する。そんななか記憶を失う前と後の姿が公開され注目を集めている。写真のなかでは自信たっぷりのジェントルマンな姿と、記憶を失い衝撃を受けている悲しい表情を見せた。

クォン・サンウは「この作品は愛の物語が中心だが、ソン・ジンナムという人物が地震によって記憶を失い、取り戻していく過程、そして完成された愛も見所だ。キャラクターを立体的に作ろうとしている」と伝えた。

ドラマ『帰ってきた愛』は現在撮影中。(写真=スカンパニー)

KEJNEWS

「クォン・サンウ」をもっと詳しく

「クォン・サンウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ