「これぞ究極のお尻ライン」 小嶋陽菜、女性誌カバーで悩殺ポーズを披露

4月25日(月)20時0分 メンズサイゾー

 AKB48の"セクシー番長"こと小嶋陽菜(28)が、またもやお色気たっぷりの姿を披露し、ネットで話題を集めている。


 今回、23日発売の女性誌「MAQUIA(マキア)」(集英社)6月号の表紙を飾った小嶋は、ウエストがあらわになったセーラー服のような形のトップスと黒のショートパンツを着こなし、お尻をつき出すというセクシーなポーズを決めている。同日には彼女のInstagramでもこの写真が公開され、ファンからは「かわいいお尻」「これぞ究極のお尻ライン」と称賛のコメントが多数寄せられた。


 小嶋といえば、かねてから"美尻"として知られている。昨年3月に発売された写真集『どうする?』(宝島社)では、事前に先行カットとして網タイツにTバックを着用してお尻を強調した過激なショットを公開し、このことでファンの期待が大いに高まり予約が殺到。そのため、発売前にもかかわらず一部ネット書店で品切れ状態となった。


 さらに、今年の年始には、2016年が申年であることにちなみ、同写真集のTバックショットを年賀状に採用。オリジナルの写真に耳を大きく、お尻を赤く染めるなどの加工をし、猿らしさを演出していた。その際にも、ファンから「美尻モンキー」「新年早々興奮した」と反響を呼んだ。


 セクシーさが持ち味となっている小嶋だが、ルックスそのものが完璧であるワケではないようで、ネガティブな指摘が出ることも。というのも、雑誌などの写真の彼女は美肌で"マシュマロボディ"なのだが、テレビ出演時には「肌荒れがひどい」との反応が相次ぐことが多い。そのため、「過剰な写真修正を施しているのでは」との声が止まないのだ。


 6月18日に新潟で開催される『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』に"にゃんにゃん仮面"としての出馬が予想されている小嶋だが、そのことについても「肌荒れを隠すために仮面を被って出場するのか」「テレビのアップに耐えられないからでは」との疑惑まで浮上している。


「AKB48は、前田敦子さん(24)や大島優子さん(27)はもとより、今年4月には総監督の高橋みなみさん(25)が卒業し、残っているオープニングメンバーは小嶋さんと峯岸みなみさん(23)のみです。そのためか、2009年から毎年行われている総選挙について一部で『盛り上がりに欠けてきている』との声もあります。しかし、テレビの視聴率だけ見れば、2014年は平均16.2%、昨年は18.8%で瞬間最高は23.4%(いずれも関東地区/ビデオリサーチ調べ)と高い数字をキープしています。


 この流れを継続させるためには、やはり昨年とは違うプロモーションやサプライズが必要で、そのひとつが"にゃんにゃん仮面"なのでしょう。『肌荒れを隠すため』などと言われてしまった小嶋さんは少々気の毒ですが、しっかりと話題になっていることは事実。にゃんにゃん仮面がどういった姿で現れるのかを観たいと思う人もいるでしょうしね。


 『ふざけすぎている』といった批判もあるようですが、世代交代が進むグループ内で重要なイベントとなる総選挙を盛り上げるため、小嶋が裏方を買って出たようにも見えます。すでに人気は確立していて、いつ卒業してもおかしくない彼女が、有終の美として栄冠を欲するとは思えませんし、そもそもそういう貪欲さは"らしくない"ですよね(笑)。それでも、にゃんにゃん仮面がある程度上位に入ることは間違いないでしょうし、それ以下のメンバーは可哀そうだとは思いますが...」(芸能ライター)


 今月19日に28歳の誕生日を迎え、大人の女性としての色気も増していきそうな小嶋。これからも、彼女の強みのひとつであるセクシーさをどんどん発揮してもらいたいものだ。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

「小嶋陽菜」のニュース

BIGLOBE
トップへ