綾野剛の入浴シーンがエッチ…いつの間にガチムチ体型に?/『フランケンシュタインの恋』第一話レビュー

4月25日(火)4時0分 messy

『フランケンシュタインの恋』公式Instagramより

写真を拡大

 23日よりスタートした『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)。近年、出演作品こそ大量ですが、2015年9月公開の映画『ピースオブケイク』以外、『闇金ウシジマくん』『新宿スワン』『コウノドリ』『すべてがFになる』など恋愛作品とは程遠い役ばかりを演じてきた綾野剛が主演のラブストーリーです。それも、ドラマビジュアルが解禁されると、どこか切なげな瞳に、眉毛をハの字に曲げた柔らかい笑顔、肩を落としてたたずむ不老不死の怪物役。これはエロい。いつものお調子者でノリでエッチとかしちゃいそうな軽さのない、闇とピュアさが入り混じったミステリアスな雰囲気……。早速よこしまな気持ちで視聴してみると、そのエロさは想像を遥かに越えてきました。

 120年前、医学博士の父によって死んだはずの命が蘇り、常人離れした肉体を持つ不思議な生き物・名前のない怪物(綾野剛)。人間よりも優しい心を持ち、人間界に憧れて毎日ラジオを聞いているのですが、人間とは“触れ合えない”秘密を抱え、ずっと森の中に篭って生活していました。そんな彼と大学でキノコなどの菌について研究している「菌女(=菌類女子)」こと津軽継実(二階堂ふみ)がひょんなことから出会い、「僕は人間じゃない」という彼の正体を解き明かすべく、怪物を森から人間界へ連れ出します。そして怪物が恋を知り、友情を知り、世界を知っていくという、歳の差100歳のラブストーリーとのこと。

 第一話では、とりあえず連れてきたものの住む場所はないし何だか土臭い怪物を、継実は同居中の姉・晴果(田島ゆみか)が留守なことを確認し、自宅に上げてお風呂に入らせます。開始早々、継実のファインプレーたるや! 怪物は素直に従って全裸で入浴するのですが、見事な逆三角形×6パックのムキムキの身体! 綾野剛の身体と言えば、沢尻エリカ寺島しのぶとヤりまくっていた映画『ヘルタースケルター』時の、不健康っぽいヒョロヒョロの身体をイメージしていたため、「いつの間に!?」と良い意味で裏切られました。その上、肩までお湯に浸かると、初めてのお風呂に「ハ、ハァ……」と目を閉じて至福の表情になるのですが、本シーンはすでに綾野剛の入浴姿として見えてしまうわけで、つまりこれはイキ顔にしか見えません。入浴シーンが終わると、リビングに全裸で出てきちゃって継実に追い払われて後ろを向いて走り去るシーンも。そう、お尻! プリンっとした素晴らしい形でした。



 結局、怪物は継実に“深志研(怪物の父の名前から命名)”と名付けられ、継実のことが好きな研究室の先輩・稲葉聖哉(柳楽優弥)の「ウチくる?」なんて軽い一言で、稲葉の実家で住み込み大工として働くことに。稲葉先輩と継実は毎日研の様子を見に行き、継実と研は毎回何だか楽しそうにおしゃべりするほど仲良しになっていきます。

 そんなある日。研は、職場の前で継実と稲葉先輩が自分について話しているのを盗み聞きしてしまうのです。稲葉先輩に「彼(=研)のこと、普通の人間だと思ってる? それとも本当に怪物だと?」と聞かれた継実は「まさか。もし怪物だったら……」と言葉を詰まらせた継実を「僕が怪物から君を守るよ」と稲庭先輩は後ろから抱きしめます。

 すると研は、泣きそうな顔で身体を震わせ、身体からフワフワと白いほこりのようなもの吹き出し、顔面や手の甲からは白いきのこが生えてきます。森から連れたしてくれたり、名前を付けてくれたりと、すべてのきっかけをくれたのは継実ですからね。寂しさや嫉妬心が湧いてきたのでしょうか。そこに、何日も家に帰らない継実を心配した晴果が登場し、きのこだらけの研を見て絶叫。その瞬間、きのこまみれの手で晴果の顔を触ると、晴果の顔に白いきのこが生えて倒れてしまいました。悲鳴を聞いた継実と研が駆けつけ、研はその場から立ち去るシーンで終了です。

 本ドラマの二階堂ふみは、しょっぱなからフェロモンを撒き散らす綾野剛とは裏腹に、いつものエロさを封印し、菌にしか興味のないひたすら可愛い学生役。さらに研究室の教授役には柄本明、工務店に住み込みで務める研の先輩役に川栄李奈、毎日研が聞いていたラジオ番組のレポーター役に新井浩文と、こんなに世代を越えた演技派が揃うドラマは久々ではないでしょうか。何も気にならず、安心して物語を楽しめるからそこ、綾野剛のエロさが目についちゃうんですけどね。お風呂上がりに研の左右の首筋から“真っ赤なきのこ”が2本生えてきた時には、何の下ネタかと思いました。

(ドラマウォッチ:ナチョス)

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼母になる

▼人は見た目が100パーセント

▼ボク、運命の人です。

▼あなたのことはそれほど

▼女囚セブン

messy

「綾野剛」をもっと詳しく

「綾野剛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ