元『乃木坂』テレ朝新人・斎藤ちはるアナ“ベテラン感”がスゴ過ぎて...

4月25日(木)7時31分 まいじつ


(C)eldar nurkovic / Shutterstock



テレビ朝日の新人・斎藤ちはるアナに対し、そのあまりの落ち着きぶり故なのか、「本当に新人なの!?」という書き込みがネット上で多く見られる。彼女は紛れもない今年の4月入社の新人だ。


【関連】宇賀なつみアナ退社は羽鳥慎一による上層部への“具申”だった!? ほか


「朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』に、何と入社初日から出演。『異例の新人』として注目されました。でも、その後に話題が続いたわけではありません。例えば一部の週刊誌は1ページの4分の1程度で、テレビ情報の一部分として載せたくらい。他の週刊誌もほとんど扱っていません。異例ではあったかもしれませんが、思ったほど〝引き〟があるアナじゃないのです」(女子アナライター)


『——モーニングショー』は今、民放の朝番組でトップ。そのためMC・羽鳥慎一の〝お気に入り〟で起用したといわれている。


「羽鳥は3月まで共演していた局アナ・宇賀なつみ(現フリー)が嫌いで、宇賀が放送姿勢に異論を投げ掛けた際に、『それは違う』と言って泣かせ、公開イジメまでした。しかも宇賀は既婚でも人気があったが『結婚している宇賀さん』とか『宇賀さんは、毎日お酒飲むんですよね』などと、いつも嫌味タラタラ。羽鳥のイジメは露骨でした」(テレビ朝日関係者)


退職と同時にフリーにった宇賀は、すぐさま新冠番組『川柳居酒屋なつみ』を同局で獲得。それこそ羽鳥と縁を切りたいために辞めたのが明らかになった。


「テレビ朝日は既婚アナが多数いますし、30代、40代でもバリバリやっている女子アナが多い。しかも宇賀は32歳と若く、妊娠退職でもない。よほど羽鳥の番組を降りたかったのでしょう」(同・関係者)



地方局出身と誤解される


一方、斎藤アナは元『乃木坂46』のメンバー。明治大学時代にそれなりにテレビにも出ていたが、トップクラスではなかった。昨年、卒業コンサートもなく、握手会をもって終了。今年3月、一部スポーツ紙にテレビ朝日に入社することが報じられたレベル。


「羽鳥との共演を見ていると、彼のお好みは一目瞭然。必ず簡単な話は振ってあげる気の使いよう。でも肝心の斎藤アナが、しゃべりがモッサリで初々しさがなく、ベテランっぽい。美人なのにネット上では『この人は地方局出身!?』とか、『どっかの番組に出ていた30代フリー?』なんて書かれる始末。まだ22歳なのに〝熟れた果実が羽鳥の趣味〟なんて感じです。視聴者は新人だと思っていないのが痛い」(前出の女子アナライター)


近い将来、口の悪い羽鳥にも「本当は新人なのにベテランぽい斎藤アナ」とか言われそうだ。



【イメージ画像】


eldar nurkovic / Shutterstock


まいじつ

「ちはる」をもっと詳しく

「ちはる」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ