漫画『テガミバチ』コミック文庫化 全10巻で6月より2冊ずつ発売

4月25日(木)12時0分 オリコン

コミック文庫される『テガミバチ』 (C)浅田弘幸/集英社

写真を拡大

 漫画『テガミバチ』が全10巻のコミック文庫として刊行されることが決定し、6月18日より毎月2冊ずつ発売されることが25日に発表された。

 同作は、人々の「こころ」が込められた「テガミ」を届ける国家公務配達員「BEE」(通称、テガミバチ)の少年ラグ・シーイングが、最高のテガミバチ「ヘッド・ビー」を目指すために奮闘するストーリー。2006年に『月刊少年ジャンプ』で連載がスタートし、その後『ジャンプSQ.』に移籍して15年に終了。4年が経った今でも根強い人気があり、この度、書き下ろされたカバーとともにコミック文庫という新形態で再び刊行されることになった。

 描き下ろされる絵巻カバーは表から裏表紙にわたる1枚絵で、2巻を並べると“新たな景色”が広がる幻想的な仕掛けになる。初回出荷特典として、カバーイラストを使用した全10種のポストカードも付いてくる。

 1&2巻が6月18日、3&4巻が7月18日、5&6巻が8月16日に発売され、以降も2冊ずつ発売される予定。

オリコン

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ