注目ワードプロレス・プロレスラー ハムスター・かわいい Taka・ワンオクTaka ロシアW杯・日本 ドカベン・完結 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

規制を止める力になるか?「児童ポルノではなく【児童性虐待記録物】と呼んでください」キャンペーンの行方

おたぽる4月25日(金)12時0分
画像:「児童ポルノではなく【児童性虐待記録物】と呼んでください。」キャンペーンページより。
写真を拡大
「児童ポルノではなく【児童性虐待記録物】と呼んでください。」キャンペーンページより。

 迫り来る児童ポルノ法改定による表現の自由の危機に対して、インターネット上での署名活動が活発化している。

 現在、児童ポルノ法改定に危惧を抱く人々の間で話題を呼んでいるのが、署名キャンペーンサイト・change.orgを使った活動だ。

 change.orgは、2007年にアメリカで設立された世界で4000万人以上のユーザーを持つ、オンライン署名プラットフォームの最大手だ。日本版でも開設以来、効率的に意見を表明できる場として注目を集め、これまでにもオリンピックでのレスリング復活や上智大学での休学時の学費の減額などの成功を勝ち取っている。

 このサイトの利用が開始されたきっかけは、先月、GMOメディア株式会社が同社の運営する無料ブログサービス「teacup.ブログAutoPage」を利用するフィギュア制作者など、複数のユーザーに対して「外部機関より、ご利用ブログに児童ポルノまたは それに類する疑いのある内容の投稿があるという指摘」を理由にブログ削除の宣告をした事件。

 いうまでもなく、現在の児童ポルノ法では二次元はもちろんフィギュアなどの創作物は対象外である。この一方的な削除通告に対して、フリーライターの廣田恵介氏が始めた署名キャンペーン「フィギュアは、児童ポルノではありません」は、開始からわずか一週間で目標の1000人を超える1118名の賛同を集めた。

 これを受けて今月9日、廣田氏は二次元規制反対を掲げる山田太郎参議院議員らと共に、署名を手にGMOメディアを訪問。同社側は、対象とされたユーザーに対して「児童ポルノまたはそれに類する疑いのある内容の投稿という不足した表現を使用したことにより、本来児童ポルノにあたらないものについても該当するかのような誤解と混乱を招きました」という謝罪を勝ち取り、一定の成果をあげた。

 ただ、同社は該当ブログの削除は、広告主からの要請であるとして削除方針は改めていない。
 
 いずれにしても、一定の成果を得たという事実をもって、新たに始まった署名活動が「児童ポルノではなく【児童性虐待記録物】と呼んでください」である。この署名の目的をキャンペーンのページでは次のように語る。

<以下、引用>

最近、あちこちで「児童ポルノ」という言葉を耳にします。巷では現行の「児童買春・ポルノ禁止法」の対象ではないはずの、漫画・アニメなどの創作物まで面白半分に「児童ポルノ」と呼ばれてしまっています。

本来、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」は児童を保護することを目的としています。しかし、実際の児童性犯罪とは無関係に、漠然と不安感を煽る「児童ポルノ」という言葉だけが一人歩きしていないでしょうか?

 そこで、安易に乱用されている「児童ポルノ」という用語を改め、より本来の目的に即した【児童性虐待記録物】という呼び方を提案します。

<引用終わり>

「児童ポルノ」という名称のおかしさを指摘し、改める動きは2009年に改定案が議論された際に、民主党内部でも見られた。実際には児童虐待の結果である、撮影された素材であるのに「ポルノ」と呼ぶのが、現状に即しているかは大いに疑問だ。そこで、法律の中の、文章のわずかな表現を改めるだけでも、効果は高いと見られている。

 4月12日から開始された署名活動は、開始からわずか半日で1000名を超える賛同を得た。けれども、それ以降は伸び悩み、4月22日時点で、ようやく6000人を超えたところである。2008年に日本ユニセフ協会などが実施した「なくそう!子どもポルノ」キャンペーンの一環で行われた署名活動は、1カ月あまりで2万人を超える署名を集め、7カ月後には10万を超えるに至っている。

 これまで、マンガ・アニメファンを中心に、児童ポルノ法により自由が奪われる危惧がいくたびも唱えられながらも、実際になにかしらの行動を起こす人はわずかという状況は連綿と続いてきた。オンライン署名というかなり手軽な手段が用いられながらも、署名数の伸びが悪いのは、どういう理由だろうか?

 告知不足か、あるいは諦観、それとも自分の趣味の分野は規制されないという妙な安心感。逆に規制されても生き残ることができるという覚悟など、色々な可能性が思いつく。

 この連休明けに児童ポルノ法改定に向けて審議が始まるという話もある(参照)。いずれにしても、これで署名数が伸び悩むようであれば、いよいよ規制反対勢力の敗北も確定的であろう。合掌。
(文/編集子)

■「児童ポルノではなく【児童性虐待記録物】と呼んでください。」キャンペーンページ
http://www.change.org/ja/キャンペーン/衆議院-参議院の全国会議員721名-児童ポルノではなく-児童性虐待記録物-と呼んでください

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「規制を止める力になるか?「児童ポルノではなく【児童性虐待記録物】と呼んでください」キャンペーンの行方」の関連ニュース

注目ニュース
ワンオクTaka&UVERworld・TAKUYA∞の2ショットにファン歓喜「最高!!」「贅沢すぎる」 AbemaTIMES6月20日(水)12時51分
ロックバンド・ONEOKROCKのボーカル・Takaが20日、自身のInstagramにて、UVERworldのTAKUYA∞との2ショッ…[ 記事全文 ]
北澤豪「監督代わって良かった」 W杯初戦の感想めぐり物議 J-CASTニュース6月20日(水)20時35分
サッカー日本代表がロシアW杯の初戦・コロンビア戦に勝利したことを受け、サッカー解説者の北澤豪さんが「監督が代わった」ことを勝因に挙げた。「…[ 記事全文 ]
松岡茉優JK見学店に潜入 万引き家族熱演の陰にあった意外な姿 女性自身6月20日(水)16時0分
「あの世代の中で、抜群にうまい役者だと思っていました。感情が見事に見えてくる芝居の設計が凄くいいな、と」映画監督の是枝裕和(55)がその演…[ 記事全文 ]
NHK W杯キャスター佐藤美希に非難殺到 失言、間違い...「先輩」足立梨花かばうも「黙っててほしい」 J-CASTニュース6月19日(火)18時25分
「進行が下手すぎる」などとして、NHKのロシア・ワールドカップ(W杯)番組でスタジオキャスターを務めるタレント・佐藤美希さん(24)がイン…[ 記事全文 ]
Hey! Say! JUMP岡本圭人 電撃脱退 文春オンライン6月20日(水)16時0分
ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey!Say!JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることが…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア