『フレームアームズ・ガール』4話 土俵でガバっと股を割って完璧な四股、美少女プラモって相撲を取るのか

4月25日(火)16時0分 おたぽる

『フレームアームズ・ガール』公式サイトより

写真を拡大

——このアニメ、とうとう牙を剥いてきたぞ! 先週の放送の勢いでついマテリア Normal Ver.を組み立ててしまったしげるによる『フレームアームズ・ガール』全話レビューです。

『フレームアームズ・ガール』は、原作が壽屋、デザイナー(FAガール ベースデザイン)が『ストライクウィッチーズ』シリーズや『ガールズ&パンツァー』で大人気の島田フミカネと、『交響詩篇エウレカセブン』や『機動戦士ガンダムOO』で知られる柳瀬敬之。監督はベテランの川口敬一郎と、安定感のあるスタッフによる注目作。

 女子高校生、源内あお(げんない・あお/演:日笠陽子)の元に突然届けられた「フレームアームズ・ガール」(以下「FAガール」)と呼ばれる自律型の小型ロボット「轟雷」(ごうらい/演:佳穂成美)たちが、きゃっきゃうふふな日常を送ったりバトルしたりしながら成長していくというお話……のはずなんだけど……。今週の第4話「迅雷参上!/お部屋作り!」は、脳筋かつ忍者という要素盛りすぎな新FAガール登場のAパートと、FAガールたちが自分の部屋を作るBパートの2本です。


■恐怖! 脳筋忍者と相撲対決!

 Aパート「迅雷参上!」では夏休みの計画を立てているあおたちのところに、カーテンを切り裂いて新たなFAガール“迅雷”(演:樺山ミナミ)が殴り込んでくる! とにかく轟雷と戦ってデータを回収する気満々の迅雷は、伊達政宗に憧れてアイパッチを装着していたり武器が手裏剣だったりなど、和風の忍者的な雰囲気。仕方なしに迅雷とのセッションに挑む轟雷に、なんとなく忍者っぽい攻撃で襲いかかる!

「夏休みとデータ収集のどちらが大切なのだ!」とブチ切れる迅雷に対し、相当アレな顔芸で「夏休みに決まってんじゃん!」と逆ギレするあお。気持ちはわかるけど、あおちゃんいきなり変なFAガールが自宅に突撃してくる事態に慣れすぎちゃってるよ! 轟雷にも「慣れてきましたね」とか言われてたけど、もう完全に適応しちゃってるな……。

 そして迅雷が持ちかけた第二の勝負が相撲。相撲ってマジかよ。見てるこっちの呆然とした気持ちをよそに、間髪入れずに相撲開始。妙に重心移動がちゃんとしてる迅雷の四股に、がっぷり四つに組み合う轟雷&迅雷。あまりの事態に突っ込みが追いつかない。そして土俵の上でグルグル回るFAガールのモーションが微妙にキモい。もうこれ充分感情あるでしょってくらいのいい表情で繰り出した「グルグル投げ」で勝利した轟雷というのも、衝撃的な光景でありました。

 とりあえず勝負が終わった後に轟雷が感情を学んだふうにすればなんとなくいい話風になるけど、今までで一番異常なエピソードだったぞ、これ。そして次々に新製品を送り込んでくるファクトリーアドバンス、マジで一体何者なんだ……。


■ていうかバーゼの声、クセになるよね……

 Bパートは「お部屋作り!」。人数も増えて部屋を散らかしまくるFAガールたちに激怒したあおは、2×3マスのカラーボックスを用意。それぞれの部屋を作って私物をそこにしまうように指示を出す。というわけでFAガールたちは自分の部屋を作ることにしたのだが……というお話。

 武器庫そのものな部屋をいきなり作った轟雷、意外にDIYが得意なスティレット、忍者屋敷にしてしまった迅雷など各々の好みに沿ってガンガン部屋を作るFAガールたち。そんな中、異彩を放つのが安全ピンやらまち針やら奇怪な配色の壁やらでデコられたバーゼの部屋。これ、先週学校に行った時に光りものばっかり集めてたのが伏線になってるのか。それにしてもバーゼの声、なんか中毒になりますね。今週はとうとう「ぐぇ〜い↑ぐるぐるぐるわぁ〜い超快適住みやす〜〜い」のところだけ5回くらいリピートしてしまった……。

 それにしてもマテリア姉妹にお金を使い込まれたり迅雷には直接手裏剣を投げつけられたりと、今週は踏んだり蹴ったりなあお。顔芸も今までで一番ドイヒーだった上に顔を囲んだ丸ワイプでお話をシメられるなど、のび太ポジションが板についてきた感が。さて、一部屋分空いているスペースにはどんなFAガールが入居するのか、これ以上人数が増えて収拾はつくのか。あおさんマジ頑張ってください……。
(文/しげる)

おたぽる

美少女をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ