橋本マナミ、美少女時代の画像アップで整形疑惑再燃 “全身整形サイボーグ”役に注目集まる

4月25日(火)12時0分 おたぽる

橋本マナミ公式インスタグラムより

写真を拡大

 19日、女優でグラビアモデルの橋本マナミが自身のインスタグラムに、13歳の時の自身の写真をアップしたのだが、「成長やメイクを抜きにしても変わり過ぎじゃないか?」「やっぱりイジッた?」などと、ネット上で整形を疑う声が飛び交った。

「アップされた画像は、橋本が芸能界入りするきっかけとなった、1997年に行われた『第7回全日本国民的美少女コンテスト』に参加した時のもの。今からちょうど20年前ということで、成長による骨格の変化やメイクによって見た目が大きく変わるのは当然のこと。しかし、橋本の場合は、『間違えて他人の画像をアップしたのでは?』と疑う声が上がるほどに面影がなく、以前からネット上でささやかれている整形疑惑が再燃する形となってしまったようです」(芸能関係者)

 そんな疑惑がささやかれる中、橋本は今月21日からスタートしたドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)で、“全身整形サイボーグ看護師”役を演じ、「自虐的だな」「オファーした人の勇気を称える」などと話題になっている。

「剛力彩芽が主演する『女囚セブン』は、いわゆる脱獄モノなのですが、その中で橋本が演じるのは、“不倫にハマった有名美容整形外科の看護師”役。橋本といえば“国民の愛人”というキャッチフレーズをもっているだけに、ネット上では、『最初から橋本が演じるの前提みたいな役だな』『当て書き?』などと疑う声も広まっています。また、バラエティ番組で整形疑惑をイジられることも少なくない橋本ですが、『ついに女優業でもネタとして使うようになってきたか』と揶揄する声もあるようです」(同)

 整形のウワサはあるものの、13歳の頃からすでに備わっていたその色気に対する評価は高い。今後、誌面上で見せているような艶のある姿を演技でも表現できるようになれば、女優としてさらに活躍していくことになりそうだ。

おたぽる

「少女時代」のニュース

BIGLOBE
トップへ