カラオケ★バトル優勝・林部智史 デビューまでの紆余曲折

4月25日(月)11時0分 NEWSポストセブン

数多の苦難を乗り越えて歌手デビューを果たした林部智史

写真を拡大

 透き通るような繊細な歌声、切なく胸に響く歌詞——。


 絶対的な歌唱力で聴く者の涙を誘う、歌手の林部智史(27才)。30〜60代の女性たちを中心に「泣ける!」と、支持を集めている。


 2月にデビューしたばかりの新人ながら、ライブが完売する盛況ぶり。傍目には順風満帆な歌手生活にも映るが、その裏では人知れず苦悩を抱え、もがき続けた。


「幼稚園の頃から歌手に憧れていたんです。でも兄も姉も進学校に通っていて、自分もその後に続くべきだと思っていた。ウチの家庭で『歌手になりたい』という選択肢は許されないと思い込んでいたので、家族にも友達にも歌手になる夢を語ったことはなかった。自分の中で封印してきたんです」


 高校卒業後は看護の道を志して専門学校へ通うが、受け持った患者の死に心のバランスを崩し、挫折してしまう。原因不明の高熱にうなされ、引きこもる日々。同じくうつ病を経験した姉の助言で沖縄へ向かい、運気が変わった。


「ひとり旅に戸惑いましたが、沖縄で気持ちが軽くなって、日本1周の旅に出たんです。思い返せば、行く先々でギターを弾く人に出会い、いつも笑顔で歌っていた。北海道の礼文島で歌っていた時、『(その歌声で)歌手を目指さないのは、おかしいよ』と言ってもらって、ようやく、心の扉が開きました」


 一念発起し、EXILEのATSUSHIらを輩出した音楽専門学校へ23才で入学。学費を稼ぐために、2年間、毎朝2時起きで新聞を配った。実力を発揮して主席で卒業するものの、その後は自ら、歌の道を離れてしまう。


「在学中に100以上のオーディションを受けても惨敗で、主席になっても、所属先も決まらない。『歌はもう無理だった』と、見切りをつけたんです。ただ、その時に恩師が『今は止めないが、“音楽がやめさせてくれない時”がきたら、進むしかない』と声をかけてくれていて。卒業の翌年に『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)のお話をいただいて、『あ、きたな』と、直感しました」


 同番組では、番組史上初の連続100点を記録。ファンを獲得して、デビューの夢もつかんだ。


「ひとりでも多くの人の心に寄り添い、ぼくの歌を届けたい。歌詞に込めた想いを伝えたくて、全身全霊で気持ちを込めて歌います」


 熱き炎を胸に、27才の新人は歌の道をまっすぐに歩み始めた。


【プロフィール】

林部智史(はやしべ・さとし)/1988年5月7日、山形県生まれ。ESPミュージカルアカデミーヴォーカルコースを主席で卒業。『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)で2015年間チャンピオンを獲得。2月24日に『あいたい』でデビュー。6月(神奈川)、7月(山形)開催のライブ『林部智史、始まりました。〜あいたい〜』のチケットが発売中。


撮影■藤本和典


※女性セブン2016年5月5日号

NEWSポストセブン

「デビュー」のニュース

BIGLOBE
トップへ