安倍首相を「出色の総理」「極右の革命家」などとOB評価

4月25日(月)16時0分 NEWSポストセブン

老人党の「爺7(ジイセブン)」サミット

写真を拡大

 安倍晋三首相の頭の中は、5月26日と27日に行われる伊勢志摩サミットという晴れ舞台のことでいっぱいのようだが、消費増税から熊本地震まで問題は山積しており、浮ついているヒマなどないはず。そこで立ち上がったのが、政界大物OBによる我らが老人党。“新人党員”も参戦し、総勢7人による“爺7(ジイセブン)”サミットとなった。メンバーは以下の通り。


●村上正邦氏(83/自民党参議院議員会長などを歴任)

●戸田邦司氏(81/東北運輸局長を経て新進党から出馬)

●二見伸明氏(81/元公明党副委員長、運輸大臣などを歴任)

●平野貞夫氏(80/元自由党副幹事長)

●山口敏夫氏(75/新自由クラブなどに所属。元労働大臣)

●筆坂秀世氏(68/日本共産党政策委員長などを歴任)

●東祥三氏(64/国民の生活が第一幹事長などを歴任)


 合計年齢532歳の重鎮が大激論した“爺7サミット”の一部を紹介しよう。


村上:はっきりいって安倍首相は熊本大地震が起きて、有利になったと思いますよ。政府は予算握っていますから、災害復旧に取り組む姿勢を見せれば参院選は安泰。


 ただ、消費増税はこれを機に凍結すればいいと思うんだ。先日、亀井(静香)さんから電話があって、「安倍さんのアポが取れた」と誘われたので、「よし、凍結を進言しよう」と思ったら、官邸は「首相は村上さんとは会わないといっている」っていってきやがったんだよ!(一同爆笑)


 安倍首相は、本気で倒閣の意志がある人間かどうかを匂いで嗅ぎ分けるんだな。


筆坂:村上さんはどう見ても危険人物だもの(笑い)。


山口:私は今回初めて、この会に招かれたんですが、「老人党の大義は安倍政権倒閣にあり」ということをいま初めて知り、戸惑っております(笑い)。


村上:与野党に張り詰めた緊張感が必要なんだ!


山口:私はね、安倍首相は2020年まで続投すればいいと思っています。それまでに国民が共産党を民主主義政党につくりかえる。極左を排して、まともな議会政治をつくりゃいい。ただ、私は消費増税8%引き上げがアベノミクス失速の犯人と思っていない。中国経済停滞、円高、原油価格下落でもない。昨年5月から安保法制と軌を一にして、株価は今日まで下落し続けている。

 

 企業も戦争やテロに巻き込まれるリスクを背負ったことで国民は先行き不安となり、“様子見経済”になっている。財布のヒモを締めてしまった。だから、安倍さんは安保を急ぎすぎたことを反省すべきです。倒閣派よりも厳しい安倍擁護派の憤怒の声です(笑い)。


東:私も平野先生に呼ばれて来ただけなんですが、安倍総理は歴代総理のなかでも出色の総理だと思います。アメリカにおんぶに抱っこでやってきた安全保障について、まともな議論をしたのは1990年代の小沢一郎さんと今日の安倍晋三さんだけですよ。野党が倒閣うんぬん言うのはいいが、それだけのパワーを感じません。


村上:おいおい。老人党は野党よりも野党らしくないとダメだよ。倒す気概がなきゃ!


二見:いや、私はね、安倍さんというのは保守ではないと。あれは極右の革命家だと思っている。安倍さんは手続きを踏まずに閣議で何でも決めてしまうでしょ。


 古巣ですが、いまの公明党もおかしい。創価学会からも安保法制反対デモに参加している人がいます。宗教というのは信じることから入るが、政治というのは疑うところから入るもので、公明党が決めたことだから信じるというのは間違い。


 もし創価学会の信者の志をすくい取ったら連立を解消せざるをえなくなるわけで、野合をしているのは自民・公明なんですよ。アベノミクスだって政策じゃない、あんなのはただの麻薬です。


※週刊ポスト2016年5月6・13日号

NEWSポストセブン

「安倍首相」をもっと詳しく

「安倍首相」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ