テイラー・スウィフト、過去のロマンス報道がトラウマに。「何年も続く相手しかデートはダメ」

4月25日(土)15時40分 Techinsight

テイラー・スウィフト、恋愛報道につき「フェアじゃない!」(画像はinstagram.com/taylorswiftより)

写真を拡大


過去にジョン・メイヤー、ハリー・スタイルズら人気男性セレブ達とのロマンスをたびたび報じられ、ハリーとの破局後は「デートすると考えただけでパニックになりそう」と話していたテイラー・スウィフト。彼女がこのほど人気誌インタビューを受け、メディアによるロマンス報道に大ダメージを受けたと明かした。

「ワン・ダイレクション」ハリー・スタイルズとの破局後、もう懲りたかのようにシングル状態を貫いていたテイラー・スウィフト。そのテイラーが、英版『Glamour』誌のインタビューに応じこう語った。

「ここ数年というもの、メディア報道でこう言われた気分だった。私はデートしちゃいけない。楽しみのため、新たな経験のため、また人生訓を学ぶ目的のデートでもよ。本当に不公平だわ。何年も続く相手とでなきゃ、デートはダメってことよ。」

短期間の恋に破れ別の男性とデートしたとたん、メディアは彼女を“恋多き女”、“男狂い”と猛批判。そんな報道に悩む中、テイラーは「友達がいるからそれでOK」「すごく自立した気分だし、それって良い事よ」と思うようになったという。

しかし最近のテイラーは、カルヴィン・ハリスとのデートに夢中のもよう。昨年カルヴィンは「テイラー? 全然タイプじゃない。むしろ好きなタイプとは真逆」とインタビューで話していたが、どういうわけかそんな彼とテイラーが強く惹かれあったもようだ。

※画像は、『Instagram taylorswift』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

テイラー・スウィフトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ