ノンスタ井上に異変 イケメンランキングで相方・石田明を超える!

4月25日(月)12時30分 Techinsight

ノンスタ井上のプリクラ機(出典:https://www.instagram.com/nonyusuke)

写真を拡大


NON STYLEの井上裕介が“国宝級イケメンランキング”芸人部門で2位に選ばれた。1位がチュートリアル・徳井義実というお笑い抜きのガチな順位だけに注目される。さらにはNON STYLEのイケメン担当・石田明が5位になっており、井上の立ち位置に異変が起きているようだ。

『吉本ブサイクランキング』では2014年に3年連続1位を達成して殿堂入り、2010年には『顔を洗って出直してほしい芸人アワード』で「ブサイクなのにうぬぼれ男」としてグランプリを獲得、マンスリーよしもとPLUSによる『ダサい芸人ランキング』では1位に選ばれた。そんなノンスタ井上には“ブサイク芸人”のイメージが強い。

ところが4月24日、彼が『井上裕介(inoueyusuke)ツイッター』でファンからのツイートを受けて、ファッション誌ViViの『国宝級イケメンランキング 芸人編』の結果を「2位なのだ!!」と喜んだ。雑誌のコメントには「1周回ってイケメンに見えてきました」「ウザいポジティブさがクセになる」とある。

5位にはNON STYLE・石田明がランクインしており、「滲み出る誠実さに惹かれる」というコメントのほか「NON STYLEの嫌われてない方」とも書かれているが、それも過去のこととなってしまうのだろうか。

最近は、ツイッターでのポジティブ返しでファンが増えている井上裕介。4月24日に放送されたバラエティ特番『やっぱり犬も好き!お手上げワンちゃんなんて呼ばせない!愛のカリスマ調教師 密着SP』(フジテレビ系)では、初めて2週間犬と暮らして愛着が湧いたダックスフントを飼うか否かと決断を迫られ、「だって命じゃないですかっ。命を考えた時に軽い気持ちでは飼えない」と号泣、「お前のその泣き姿、放送できへん! スカイツリー曲がるで!!」とMCのフットボールアワー・後藤輝基を呆れさせた。

また、『沖縄国際映画祭』では「唯一、子供の所にかけよってサインしたあと“暑くない? 大丈夫?”って心配していた井上イケメンすぎ」との証言がつぶやかれており、彼に対する「心はイケメン」というイメージが定着しつつあるようだ。ただ、そうなるとNON STYLEのネタも変化しそうで心配である。

出典:https://www.instagram.com/nonyusuke
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「イケメン」のニュース

BIGLOBE
トップへ