藤原さくら「あげぽよのきわみー!」 ポール来日直前、USJでハイテンション

4月25日(火)14時31分 Techinsight

リッケンバッカーを弾く藤原さくら(出典:https://www.instagram.com/mammothsakura)

写真を拡大

藤原さくらが担当アーティストを務めるFM802のラジオ番組『MUSIC FREAKS』の本番を前に、USJを満喫した。4月23日、『藤原さくら(MammothSakura)ツイッター』にてその時の動画を公開しており「あげぽよのきわみー!」とすっかりご機嫌だ。なにしろポール・マッカートニー来日と聞いて、大ファンを公言する彼女のテンションは上がりっぱなしだろう。

子どもの頃に父親の影響でビートルズを知りファンとなった藤原さくら。なかでもポール・マッカートニーを敬愛しており、昨年のインタビューでポールが1970年に発表した1stソロアルバム『McCartney』のように「全部の楽器を自分で演奏してしまうアルバムを作りたいとすら思っている」と夢を語るほどだ。

そのポール・マッカートニーは今回の来日で、4月25日の日本武道館を皮切りに27日・29日・30日と東京ドームで公演を行う。その準備もあり、4月23日19時40分頃に羽田空港へ到着した。「ポール来日」の報道を知って早くも祝福ムードの藤原さくらは、USJで「あげぽよのきわみー!」「イイねー! 真昼間からハイボール飲んでた」とノリノリである。

23日夜10時から生放送の『MUSIC FREAKS』でDJの早川和余と出演、「今日は早川さんとポールフリークスでした!!」と届けたナンバーは流石の選曲だった。『BAND ON THE RUN』から『GOODNIGHT TONIGHT』までポール・マッカートニー(&ウイングス)のナンバーを届ける中にビートルズ時代の『I WILL』『WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD?』『LONG TALL SALLY』というそれぞれポールの違った魅力が楽しめる曲を入れている。

ちなみに山寺宏一がDJを務めるラジオ番組『Keep On Smiling』(FM OSAKA・JFN)では23日にポール・マッカートニーが1975年に名曲『Listen To What The Man Said』(邦題:あの娘におせっかい)を誕生させるまでを取り上げた。山寺もビートルズそしてポールの大ファンで、同曲が収録されたポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』を子どもの頃から愛聴していたという。

ポール・マッカートニーの来日公演では、藤原さくらや山寺宏一のほかにも著名人が姿を見せそうだ。

http://youtu.be/geaMVMZkXh0

出典:https://www.instagram.com/mammothsakura
出典:https://twitter.com/MammothSakura

Techinsight

「藤原さくら」をもっと詳しく

「藤原さくら」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ