【インタビュー】舞台「月とシネマ」中井貴一 俳優を続けてこられたのは「両親の力以外の何ものでもない」

4月25日(日)8時0分 エンタメOVO

中井貴一

写真を拡大

 旧PARCO劇場のクロージングシリーズで上演された、2016年の「メルシー!おもてなし 〜志の輔らくごMIX〜」に主演した中井貴一が、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズのラストを飾る舞台「月とシネマ—The Film on the Moon Cinema—」にも主演、舞台は17日から上演される。(※新型コロナウイルスの影響により一部公演中止、4月30日以降の開催は改めて発表)

 作・演出は「メルシー!おもてなし」以来のタッグとなるG2。中井は、昭和の古き良き映画館経営者の息子に生まれ、昭和に育ち、平成にもまれながら成功を収めたフリーの映画プロデューサー並木憲次を演じる。地方にある実家の映画館の相続のために、故郷に帰った並木がたどり着いた父親の真実とは…? 主演の中井が、本作に懸ける意気込み、コロナ禍で感じたこと、そして両親への思いなどを語った。



−中井さんは、この舞台に企画段階から関わってこられたそうですね。

 最初に、「どういう作品をやりたいか」ということを聞いてもらえたんです。もともと、新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出たときに、僕たちの商売が一番回復するのが遅い商売になるだろうな…と予想していました。そして、どうにか演劇が上演できるとなったとき、G2さんと打ち合わせをして、僕自身は「ウイルスが怖いのではなくて、ウイルスによって人間の心が殺伐とすることが一番怖いと思っている」と伝えました。「僕らが演劇で何ができるのか」と考えたときに、自分たちのやりたいことだけをやればいいのではなく「1時間、2時間でも心が動く“何か”を作れないか」と思いました。「ジワーッと何かに包まれて劇場を後にするような作品を、今回は特にやりたい」と伝え、G2さんがこの企画を考えてくれました。

−今回、女性監督役に貫地谷しほりさん、新人プロデューサー役に藤原丈一郎さん、並木の娘役に矢作穂香さん、映画技師役にたかお鷹さんなど、幅広い世代の役者が集まりました。稽古場の雰囲気はいかがですか。

 面白いですよね。70代、50代、30代、20代と本当に幅広いのですが、20代の人たちに言葉が通じないこともあって(笑)。たとえば、実際言ったものとは違うけど、「棚からぼた餅」みたいな言葉を使うと、若い2人が「??」みたいな顔をして、「『棚からぼた餅』とはどういうことですか?」と。そういうことが実際に稽古場で起こっている。それを見ていて、すごく面白い。みんなバラエティーに富んでいて、貫地谷さんがちょうど間に入って、僕らのつなぎ役をしてくれるので、それはとても助かっています(笑)。

−並木は、知らず知らずのうちに、父親と“似た道”をたどっていますが、中井さんご自身は、父親(俳優の佐田啓二)と似ていると感じたことはありますか。

 僕は本当に幼い頃…2歳半の頃に、父親と別れてしまったのですが、昔はよく母親から「性格がそっくりだ」と言われました。あと「みそ汁の飲み方が似ている」とも。でも不思議ですよね。実際は見て育っていない。何で似るのか分からないけど、DNAの中に「みそ汁の飲み方」という引き出しがあって、そこは似るのかなと思ったりしましたけど(笑)。

−それは面白いですね。

 父は39歳の時に亡くなり、僕ははるかにその年を超えたわけですが、周りの人に「似てきたね〜」と言われることが多いんですよ。これも不思議ですよね。39歳の父と、なんで今の僕が似てくるんだろうと(笑)。決して、みんなは60歳のときの父を知っている訳ではないのだけど、外見というよりも、内側から出てくる雰囲気だとか、そういうものが似てきているということなんでしょうかね。

−俳優という共通点もありますね。

 この仕事を始めたのは、自分の父がどんな仕事をしていたのかを知りたいと思ったのがきっかけの一つでもありました。自分が死んだときに、もし、(指で天を指しながら)あそこで会えるとしたら、「39歳からの世界では、こういうことが役者としてあったよ」と話せるように、今は土産話をたくさん作っておきたいという気持ちもあるかもしれません。

−お父様の出演作は幼い頃から見ていましたか。

 見ていました。でもそれは作品を見るというよりは、父を追っている感じでした。「おやじの声が聞きたい」とか、「おやじの動きが見てみたい」とか。そういうことのために、映画を見ていた気がします。父の記憶は全くないんです。湯飲みを持っている父の手の感じの記憶がちょっと残っていたりするぐらいで。

−この仕事を続けていく上で、頭の中のどこかにお父様の存在がありますか。

 常にです。多分、僕が今まで仕事をやってこられたのは、両親の力以外の何ものでもないと思っていて。自分の才能なんて微々たるもので、本当にあの人たちが導いてくれているとずっと思っています。

−役者として大きな野望を抱いたことはないのですか。

 うーん。「自分はこうあるべきだ」とか、「どこのポジションに行きたい」といったことはあまり考えたことがないかもしれません。ただ、今の時流の中で、どういうものをお客さんが喜んでくれるのだろうか…、それは一番難しいことなんですが、そこをずっと探っていきたい。それが今の僕の野望です。この先、自分の体は今より動かなくなるだろうし、いろんな場面で「よっこいしょ」と言わないといけない年齢になってくるわけですが、その中で最大限の努力をして、その時代のお客さんを喜ばすことができるもの、そういう普遍的なものを見せていきたいな、という気持ちはすごくあります。

−本作の舞台は映画館ですが、中井さんが初めて映画館で見た作品を覚えていますか。

 手塚治虫さんの『ジャングル大帝』(66)です。これは小学校1年生、幼稚園だったかな。姉と母と叔父さんの4人で行った記憶があります。『ジャングル大帝』が大好きだったんですよ。それをこんな大きな画面で見られるんだと思って、ものすごくワクワクしたのは、忘れられないですね(笑)。

−それだけ大きな体験だったのですね。

 その画面や内容がどうだったかということよりも、「ジャングル大帝が見られる!」という、そのワクワク感がいいですよね。だから、自分たちが演目を上演するときも、お客さんがそういうワクワク感で劇場に足を運んでくれるといいなってずっと思っています。

(取材・文・写真/山中京子)



 PARCO劇場オープニング・シリーズ「月とシネマ—The Film on the Moon Cinema—」は、4月17日〜5月9日に都内・PARCO劇場ほか、大阪で上演。(※新型コロナウイルスの影響により一部公演中止、4月30日から開幕予定)

公式サイト https://stage.parco.jp/program/mooncinema

エンタメOVO

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ