黒柳徹子、“平成元年”の貴重な着物姿に反響「春らしくて華やかですね」「帯の刺繍もステキ」

4月26日(金)19時20分 AbemaTIMES

 タレントの黒柳徹子が自身のInstagramにて、“平成元年”に仕立てたものだという、貴重な着物を身に着けてのオフショット画像を公開。その魅力あふれる美しい着物姿に、画像を見たファンからは称賛の声が相次いでいる。 投稿の中で彼女は、「この着物は、平成元年に作っていただいたものです。昭和62年の大河ドラマ「独眼竜政宗」を見ていたら、正宗のお母さんが着ていた着物が、とっても素敵だったので、衣装担当の方にお願いして、作っていただいたのです」と紹介しつつ、平成元年に仕立てたものだという着物を身に着けた姿を公開した。

 NHKの大河ドラマで使用した衣装を元に、当時の衣装担当者がわざわざ作ったという、なんとも貴重な着物を身に着けての1枚に、ファンからは「徹子さんにとてもピッタリ似合われてて素敵ですね」「春らしくて華やかですね」「とても素敵です 裾などの刺繍や帯の刺繍もステキ!!ボーダーの部分は染めですか!?いつもステキなお着物見せていただきありがとうございます」「流石に徹子さん 幾つになってもお似合いです♪」といった称賛の声が寄せられることとなった。


田中圭がAbemaTVで「24時間耐久ドラマ製作」に挑戦!▶︎豪華ゲストとの共演シーンを見る

AbemaTIMES

「着物」をもっと詳しく

「着物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ