前田健さんの急逝にプリキュア関係者から追悼の声 「子供達に近くの小さな夢と、遠くの大きな夢を与えた」

4月26日(火)11時43分 BIGLOBEニュース編集部

前田健さんの急逝にプリキュア関係者から追悼の声 「子供達に近くの小さな夢と、遠くの大きな夢を与えた」/画像はケイダッシュステージより

写真を拡大

お笑い芸人の前田健さんの突然の訃報に、TVアニメ「プリキュア」シリーズの共演者や親交のあった人々から別れを惜しむ声が相次いでいる。


前田さんは、2009年から放送された『フレッシュプリキュア!』で、主人公の桃園ラブらが通うドーナツ屋の店主・カオルちゃん役を演じ、『フレッシュプリキュア!』から『スマイルプリキュア!』までの4シリーズに渡り、エンディングテーマ曲のダンス振り付けを担当。『フレッシュプリキュア!』で、共演した桃園ラブ(キュアピーチ)役の沖佳苗は、「朝から悲しいニュース…マエケンさん、早すぎます…」と別れを惜しみ、東せつな(キュアパッション)役の小松由佳は、「楽しい宴会で軽口を叩きあったばかりなのに」と生前を振り返った。『Go!プリンセスプリキュア』の春野はるか(キュアフローラ)役の嶋村侑も、「本当に残念、はやすぎるよ。心から前田健さんのご冥福をお祈り致します」と追悼コメントを綴った。


『Yes!プリキュア5GoGo!』のオープニングテーマ曲など多くのプリキュア楽曲を担当する工藤真由は、「前田健さんが付けて下さったプリキュアの私が歌うEDのダンスは私もライブで歌って踊っていてとても楽しくて、特にハートキャッチ☆パラダイスは私にとっては宝物の曲とダンスです!!これからも大切に踊っていきたいと思います」と感謝のコメント。『フレッシュプリキュア!』から『スマイルプリキュア!』までの4シリーズでプロデューサーを務めた梅澤淳稔氏は、「CGダンスはマエケンさんのおかげで生まれ、育ちました。子供達に近くの小さな夢と、遠くの大きな夢を確実に与えてくれたと思います」と前田さんの貢献を称えた。『ハートキャッチプリキュア!』から『スマイルプリキュア!』の演出、ディレクターを務めた境宗久氏も、「前田健さんの振り付けは、可愛らしいなかにキャッチーな特徴付けがあって本当に大好きでした」と思いを綴っている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「プリキュア」をもっと詳しく

「プリキュア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ